« 塩漬鯖 プラケム | トップページ | お煎餅もジューシー »

2009年6月13日 (土)

ヤングコーンの炒め物

P1110076pct13

ヤングコーンの缶詰があった。多分、俺が買ったのだと思う。
何か具体的理由、例えばあれが食いたい、こうして食いたいと
いった理由があって買った
物ではない。
ただ単に保存食として買ったのかな?
あれば、何かに使うだろう程度の気持ちで買ったのだろう。
買ってあることも忘れた。忘れていても缶詰だから、腐ることはない。
ヤングコーンは俺の好きな食べ物の一つだ。
この感触とちょっと青臭い香りが好きだ。
「これを食べようよ」ヤングコーンを取り出した。
「炒め物にするけど、食べる?」
「うん」
野菜と一緒に炒め物にした。少量の豚肉が冷蔵庫にある。
これを加える。サービスのつもりで肉を多くすると、野菜炒めは旨く
ない。豚肉をガーリックと一緒に炒める。俺はこの時に立ち上がる
香りが好きだ。今は少なくなっているが、昔はこの香りは嫌われた。
この香りは人種差別に繋がっていたと言っても分からない人の方
が増えた。何処かにこの問題について書いておいた。
手元にある野菜を切ってヌチャナート流に炒める。
オイスターソースを加える。
このタイ製のオイスターソースはヌチャナートのお気に入りだ。
「これがあると味が引き立つのよね」
出来上がった物はラーメン屋で食う野菜炒めと見かけは似ている。
味はタイの屋台で食うのと同じだ。
こういう、庶民の味って飽きがこない。
野菜からでた汁がいいんだよな。この汁を飯にかけるのが好きだ。
オイスターソースを使った野菜炒めからでる汁は甘味があるんだ。

2009/6/12

|

« 塩漬鯖 プラケム | トップページ | お煎餅もジューシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30080773

この記事へのトラックバック一覧です: ヤングコーンの炒め物:

« 塩漬鯖 プラケム | トップページ | お煎餅もジューシー »