« 和食のつもり | トップページ | 大きな粒と小さな粒 »

2009年6月28日 (日)

刺身の盛付をタイ人が

P1110262pct13

どーもタイ人は味には五月蝿いが、見た目にはこだわらないよう
だ。料理本の写真を見ても、和食のような繊細さがない。
和食なら、ニンジンを梅の花のように切るなんてことをやるが、
タイ料理にはそんな芸当
はない。
旨ければ見た目とか盛付には余りこだわらないのがタイ人だ。
それにたいして日本人は見た目にこだわる。
見た目にこだわる余り、料理を目で食うなんて表現がある。

ヌチャナートが嬉しそうに鮪を買ってきた。
まるで戦利品のように鮪をもっている。
絶対にお買い得と言う安い物を買った時の笑顔だ
魚を余り好まない俺がヌチャナートに付き合って回転寿司で生魚を
食っているうちに、俺
は寿司にも刺身にも興味がなくなった。

昔はヌチャナートのために刺身を作ってあげた。
「サミイ、刺身を作ってよ。サミイが作る刺身は美味しいのよ」
魚を切るだけだ。こんなもん、誰が切っても同じだと思っていた。
煽てに乗りやすい俺は自分では食わない刺身をヌチャナートの
ために作った。出来る限り料理屋や仕出し屋の盛付に近い形に
した。緑のバランで彩りも考えた。

自分が食わないものを盛り付けるのは面倒だ。ごく自然に刺身を
作らなくなった。
「サミイ!サシミ食べる?」
「食べない」
「日本人なのに、刺身を食べないでタイ料理を食べている。
変な人ね。」
ヌチャナートは自分で鮪を切って皿に盛った。
日本人の感覚から離れた盛付になっている。
俺はそれを見て笑ってしまった。
「なに、笑っているの?」
まるで小さなローストビーフを切って盛り付けたようだ。
俺が笑う理由をタイ語で説明するのはちょっとしんどい。
笑って誤魔化すことにした。

同じ鮪の柵を使っても日本人とタイ人では盛付け方が違う。
俺たちは子供の頃から刺身の盛付を見ている。
ごく自然に料理屋で見るような盛付をする。
見た目にこだわらないタイ人は、食べやすい大きさに切ったなら、
それをどさっと皿に盛
る。この違いが俺には面白い。

2009/6/27

|

« 和食のつもり | トップページ | 大きな粒と小さな粒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30311799

この記事へのトラックバック一覧です: 刺身の盛付をタイ人が:

« 和食のつもり | トップページ | 大きな粒と小さな粒 »