« 繊細なタイ料理 | トップページ | ナムプリックヘット シメジ茸の叩き »

2009年7月 4日 (土)

初めてのタイカレー

ヌチャナートと知り合った日本人がタイ料理を食べたいと言った。
タイカレーを作って差し上げることにした。
日本にあるタイ料理屋では日本人向けの味に変えている。
そんな味ではなく、いつもタイで食べている味にしろと言っておいた。
言ってみれば田舎のお袋の味のようなタイカレーができた。
いつもウチで食べている味だ。

ヌチャナートは日本人の反応を持ってきた。
ご主人と一緒に召し上がったそうだ。
「辛かったわー!」そうだろうな。
辛いはずだよ。タイ人が普通の辛さと思っている味なんだから、
日本人には激辛だ。外交辞令で美味しかったと言うが、本当に
美味しいと感じたかどうかわからない。
今でこそタイカレーは俺の好物だが、初めてタイカレーを食った時
は美味いと思わなかったことを思い出した。
カレーというから、インドカレーを変化させた味を想像していた。
インドカレーとは似ても似つかない味がタイカレーだ。
想像の味とまるで違う味だと、美味いとも不味いとも言えなくなっ
ちゃう。どちらかと言うと、美味いとは思えなかったな。

あの方は初めてタイカレーを召し上がったのだ。
俺と同じように戸惑い、目を丸くしながら食べたのに違いない。
辛さに悲鳴をあげて水をガブガブ飲んだ?
食べ終わっても、口の中に香草の香りが残っているのをいつまで
も感じたことだろうな。

タイ料理を知り、タイ料理が好きになってくれる人が増えるのは
嬉しいことだ。

2009/7/4

|

« 繊細なタイ料理 | トップページ | ナムプリックヘット シメジ茸の叩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30403442

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのタイカレー:

« 繊細なタイ料理 | トップページ | ナムプリックヘット シメジ茸の叩き »