« ナムプリックヘット シメジ茸の叩き | トップページ | ゲンガイノーマイドング 鶏と筍スープ »

2009年7月 4日 (土)

焼魚の習慣

人間っていろいろなこだわりがある。こだわっている人には重要な
のだが、こだわりのない人にはお笑いものだ。

ヌチャナートが日本人についてぶつぶつ言っている。
なにやら不満をたれているようだ。
俺には何を言っているのかわからない。
「わかった?」
「わからない」
同じ事を繰り返して言うがわからない。焼魚がどうの頭がこうのと
言う。
「サミイも同じよ!タイ人はそんなこと気にしないわ!」

日本人は焼魚を出す場合、魚の腹を手前にして頭は左にする
習慣がある。そんな事にこだわる日本人の食生活が気に入らない
らしい。

焦がさないように焼く。ヒレも焼け落とさない。そんなことにタイ人は
気を使うが、焼いた魚を出す時には気を使わない。
魚の腹が手前にあるか、頭が右にあっても左にあっても気にしない。

魚が好きなヌチャナートが嬉しそうに焼魚を出す。
俺は黙って、魚の向きを変えてから食べていることもある。
無意識にやっているのだと思う。
ヌチャナートには何をやっているのか理解できないだろうな。

2009/7/4

|

« ナムプリックヘット シメジ茸の叩き | トップページ | ゲンガイノーマイドング 鶏と筍スープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30403632

この記事へのトラックバック一覧です: 焼魚の習慣:

« ナムプリックヘット シメジ茸の叩き | トップページ | ゲンガイノーマイドング 鶏と筍スープ »