« 辛いか辛くないか? | トップページ | 好みの変化:タイ人の場合 »

2009年7月22日 (水)

ソーセイジの行方

俺がタイで泊まる安ホテルの朝食に出されるハムやソーセイジは
見ただけで粗悪品と分かる物だ。他に美味しいタイ料理があるの
で、ハムやソーセイジには手を出さない。
スーパーで売っているソーセイジは綺麗なパッケージに入っている。
真空包装されて見かけは立派だが製品はお粗末だ。
仏教国でありながら、肉食を禁じていないから、タイでは肉を昔か
ら食べている。肉食の習慣がある国では絶対に肉を無駄にしない。
タイも例外ではない。
そんな伝統がある国なのに、欧風のソーセイジは何故か不味い。
もっと美味しいソーセイジができてもいいのにと思うが、美味しい
ソーセイジはない。
タイ風のソーセイジなら安くて美味しい物がある。

ウインナーを冷蔵庫からだしておいた。
タイの屋台がやるようにこのまま油であげるかな?
それともフライパンで炒めるかな?
ウインナーやフランクフルトのようなソーセイジをタイ人は区別せず、
どちらもひっくるめてホット ドッグと呼んでいる。
ホットドッグなんてヌチャナートはタイでも日本でも余り食べることが
ない。以前、ホットドッグを野菜と煮込んだことがあった。
あれは旨かった。
このソーセイジがどんな料理になるか、その行方が楽しみだった。
P1110869pct13_2

今日はウインナーを輪切りにしてカオパットに入れて出した。


2009/7/22

|

« 辛いか辛くないか? | トップページ | 好みの変化:タイ人の場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30650489

この記事へのトラックバック一覧です: ソーセイジの行方:

« 辛いか辛くないか? | トップページ | 好みの変化:タイ人の場合 »