« ソーセイジの行方 | トップページ | パッカパオ »

2009年7月23日 (木)

好みの変化:タイ人の場合

誰でも年齢と共に食べ物の好みに変化がでる。子供の頃は苦くて
不味い水だったが、大人になるとビ
ールは旨い飲み物になる。
子供の頃は大好きだった大福餅は大人になると甘いので食べない。
大人になってからも食べ物の好みは変化する。今まで納豆を食べ
なかったのに、なにかがきっかけで
納豆を食べたら病みつきになる。
こんな例は枚挙に暇がない。
日本の年寄りの場合、特定の食品を好むという傾向はない。
あえて考えれば、多くの年寄りは歯が悪くなっているので、ご飯が
柔らかになる。塩分が控えめになることかな?

タイ人の場合も年を取ると食べ物の好みに変化がでる。
「タイの年寄りは西瓜とバナナが好きよ」
「ふーん、バナナも好むようになるのかい?」
「そうよ」
年寄りが西瓜をおかずに飯を食っているのをみたことがある。
俺はそれを笑ったが、それを見ていたタイ人は誰も笑わない。
西瓜で飯を食う年寄りを見るのはタイでは当たり前の光景らしいと
その時、感じた。
バナナを年寄りが好むというのは知らなかった。
多くの種類のバナナがタイにはある。
タイの年寄りが好むバナナはどんなバナナなのだろう。
日本のように生食するバナナもある。焼いたり、油で揚げて食べる
小さなバナナもある。ヌチャナー
トに聞いてみた。
すると完熟したバナナならどんなバナナでも食べるそうだ。
「完熟したバナナは甘くて美味しいでしょ」確かに甘くてよい香りが
する。
「お菓子は食べないのかい?」
「食べるわよ。」
「・・・・」
「でもね、お菓子を買うお金を持っていないのよ」
「なるほど」
「バナナだったら5バーツでこんなに買えるでしょ」
両手を広げてみせる。

どうしてタイの年寄りは西瓜とバナナを好むようになるのか?
若い頃は辛い物を好んでいたので、その反動だろうか?
西瓜を好むのは水分を無理なく補給するためだろうか?

2009/7/23

|

« ソーセイジの行方 | トップページ | パッカパオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30664718

この記事へのトラックバック一覧です: 好みの変化:タイ人の場合:

« ソーセイジの行方 | トップページ | パッカパオ »