« 余りにも普通なタイ料理 | トップページ | 洋梨とタイの茄子 »

2009年7月25日 (土)

隣のにおい

ご近所から夕飯を作るにおいがしてきた。
「ご近所さんが食事を作っているわ。これなんのにおい?」
このにおいはどこから流れてきたものかわからないが、お隣さんの
においとしておこう。ヌチャナートには日本の料理のにおいだと
わかるが、お隣さんが何を作っているのかわからない。
「これは魚を醤油で煮ているにおいだよ」
「あら、どうして分かるの?」
「わかるさ!」
日本の料理ならにおいだけどんな料理かわかる。
俺たちがタイに行く。いろいろな料理のにおいがしてくる。
「ああ、タイのにおいだ!」と感じるけど、それがどんなタイ料理
から来ているのかわからない。
「ヌチャナートがタイにいる時、お隣から料理のにおいがしてくると
しよう。お隣が何を食べている
かすぐにわかるだろ?」
「わかるわよ。”今日は何を食べているなんて”こと簡単にわかるわ」
「それと同じだよ」
「・・・」
においで料理の種類を見分けるのは慣れの問題だ。
俺は魚を煮ているにおいというところまではわかる。
においの専門家なら、「カレイを煮ているにおい」と魚種まで当てる
ことができるのだろうな。

2009/7/26

|

« 余りにも普通なタイ料理 | トップページ | 洋梨とタイの茄子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30692317

この記事へのトラックバック一覧です: 隣のにおい:

« 余りにも普通なタイ料理 | トップページ | 洋梨とタイの茄子 »