« 長い豆のソムタム | トップページ | 余りにも普通なタイ料理 »

2009年7月25日 (土)

日本の即席麺

先日、日本の即席麺を食べている時、ヌチャナートがぽそりと言った。
「日本の即席麺はおいしいわ。タイの麺は美味しくないでしょ?」
「いや、そうかな?」
麺が好きな俺はタイの即席麺もうまいと思って食べている。
あの辛味が病みつきになっている。

ヌチャナートの言葉で昔のことを思い出した。
今から20年以上前の話だ。
日本のスーパーがタイから即席麺を輸入した。
醤油味とみそ味があった。
値段は覚えていないが、当時の日本製品の半額以下だったような
気がする。安い値段に釣られてタイ製の即席麺を買った。
それが実に不味かった。何でも食う俺が不味いというのだから、
相当な不味さと言える。
醤油味はみそ味のような味がする。
みそ味は醤油味のような味がする。
味噌と醤油が味の上で区別できない。
余りにも不味い麺なので記憶に残っている。

その記憶があるから、今のタイの即席麺は旨いと思う。
タイの麺を食いながら技術の進歩は凄いと思った。
タイの麺が美味くなった影には日本企業の力があったのだ。

2009/7/22

|

« 長い豆のソムタム | トップページ | 余りにも普通なタイ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30691822

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の即席麺:

« 長い豆のソムタム | トップページ | 余りにも普通なタイ料理 »