« 唐辛子の花 | トップページ | 大羽鰯の干物 »

2009年8月 1日 (土)

FBI捜査官と肉屋へお使い

FBI捜査官の本を読んだ。犯罪現場に残されたもの、脅迫電話の録音などから
犯人像を推定する内情を描いたものだ。
ある例では卑猥な言葉が残されている落書きから犯人像を推定する。
落書きの中に女性器を表すcuntという言葉があった。
その当時の若者はもうそんな言葉を使わない。若者はpussyと言っている
ことから犯人像は中年以上と推定した。
脅迫電話の録音では車のことをvehicleと言っている。これは日本語では
車両というような硬い言葉だ。日常使う言葉ではない。また犯人はフィート、
ヤードなど米国の尺貫法ではなくメートル法を使っていたことから軍関係者
と推定した。逮捕された犯人はそれぞれ中年女、黒人兵だった。

それを読みながら子供の頃、肉屋へお使いに行ったことを思い出した。
当時は尺貫法を使っていた。重さは匁、貫が単位だ。
肉屋にお使いに行くと「豚細切れヒャクメください!」なんて言う。
ヒャクメというのは100匁のことだ。絶対にヒャクモンメなんて言わない。
200匁はニヒャクメ、300匁はサンビャクメだ。
こうして1000匁になると貫になる。
これを文字、知識だけで知った人は、知ったかぶりに「豚細切れイッカン」と
言うか書く。話し言葉では絶対にイッカンとは言わない。
「1貫」と書いてあっても「イッカンメ」と読む。
これはこの単位を使ったことのない人には分からない。

靴の大きさだって尺貫法だった。「俺の靴はトモンサンブだ」なんていわれ
てもどのように書くのかわからないだろうな。
10文3分と書く。絶対にジュウモンサンブとは言わない。

文字による記録は残っても、音の、読み方の、通常の話し言葉の記録は
なかなか残らない。音の記録をここに残しておく。

2009/7/29

|

« 唐辛子の花 | トップページ | 大羽鰯の干物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30783093

この記事へのトラックバック一覧です: FBI捜査官と肉屋へお使い:

« 唐辛子の花 | トップページ | 大羽鰯の干物 »