« 蛆虫が塩漬鰺に | トップページ | 食べ物と健康広告8029 »

2009年8月 2日 (日)

花火を見ながら

P1120022pct13

今日はタイの仲間が集まって花火を見物することになった。
家庭料理を持ち寄って一緒に食べて飲む。
出身地が違うから持ち寄るタイ料理も違ってくる。
彼等にとって花火なんてどうでもいい。
同じタイ語で話をして、タイの家庭料理を食べるのが楽しみなんだ。
そのついでに花火を見物する。
大勢が集まって花火を見られる場所を確保するには、明るいうちに
現場に行かなくてはいけない。
花火が始まってから、場所を確保しようとしても絶対に無理だ。
仲間が花火を見物するのに最適な場所を確保しておいてくれた。
明るいうちから酒を飲みだした。
これでは花火が始まる時には酔っ払う。
ヌチャナートが好んで食べる鶏の足を誰かが持ってきた。
やはり鶏の足はタイ人が共通して好む食材のようだ。
俺も付き合って食っているうちに、鶏の足が好きになってきた。
春雨料理もウチとは違った味だ。
ソムタムはタイ人好みに作ってあるはずだから、食べない。
プリッキヌーを齧りながら誰かが持ってきたネムを久し振りに食べる。
「ソーセイジはドイツ物が美味いと言うけど、チャンマイのソーセイジ
も美味しいよね」
こんなことをタイ人の旦那の白人が言い出したので驚いた。
「あれは美味いね。初めて食った時、美味さに驚いたよ」
チェンマイやイサーンのソーセージ談義が続く。
そのうちに花火が始まった。夜風が涼しくて気持ちがいい。

2009/8/1

|

« 蛆虫が塩漬鰺に | トップページ | 食べ物と健康広告8029 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30797855

この記事へのトラックバック一覧です: 花火を見ながら:

« 蛆虫が塩漬鰺に | トップページ | 食べ物と健康広告8029 »