« 食べ物と健康広告8029 | トップページ | ヌチャナートの飯 »

2009年8月 3日 (月)

ヌアヤン 牛の焼肉

P1120126pct13

牛肉をナンプラなどで味付けしてから焼いたものだ。
焼具合は丁度良い。これをナムプリックと一緒に食べる。
もう少し盛付に工夫をしたらどうだと思うのだが、タイ人はそんな
ことを余り気にしないようだ。
彼等は殆ど全ての食事をスプーンとフォークで食べる。
欧米のようにナイフを使わないから、肉は食べやすいように小さく
切ってだす。牛肉を焼いたものだから、彼等はステーキと呼ぶか
な?ヌチャナートに聞くと、ヌアヤンつまり牛の焼肉とつまらない
名前で呼んでいた。

先日のタイ人の集まりで、誰かがヌアヤンを持ってきた。
味付けは良かったが、表面が黒く焦げて炭のようだったので、
ヌチャナートはそれを思い出して笑っ
ていた。
たしかに見かけは悪かったが、柔らかなビーフジャーキーのような
感じで美味かった。もしかすると、わざと牛肉を焦がしてだす郷土
料理なのかもしれない。

2009/8/2

|

« 食べ物と健康広告8029 | トップページ | ヌチャナートの飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30814426

この記事へのトラックバック一覧です: ヌアヤン 牛の焼肉:

« 食べ物と健康広告8029 | トップページ | ヌチャナートの飯 »