« 肉にレモン汁 | トップページ | 天を向く唐辛子 »

2009年8月29日 (土)

水気のない料理

P1120457pct13

挽肉を食べてしまわないといけない。
「これを使ってくれないかな?」挽肉を冷蔵庫から取り出しながら
言った。
「どう調理するの?水があってもいい?」
水のある料理というのは例えば挽肉を肉団子にしてスープの中で
煮込んだ料理のことだ。
「水気がないのがいいな」
俺はパッカパオを期待していた。
蓋を開けてみたら、タイ風のハンバーグだった。
水気がない方がいいと言ったがこれは焼けすぎでまるっきり水気
がない。挽肉に使う材料はたいてい筋っぽい肉だ。
筋っぽい肉から水分をとると、肉がやたらと硬くなる。
コブミカンの葉他の香草のいい香りが肉の硬さを忘れさせる。
ナンプラ、レモン汁などをつけて食べる。
ここでしか食べられないハンバーグの味がする。
この味って日本人受けするかなと考えながら食べる。
最近の日本人は香辛料の強い香りに慣れているから、これも受け
入れるかな?でも日本人が慣れている香りは欧米風の香りだ。
このような東洋風の香りに日本人は慣れていないので、やはり
受け入れないのではないか?

2009/8/28

|

« 肉にレモン汁 | トップページ | 天を向く唐辛子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31148067

この記事へのトラックバック一覧です: 水気のない料理:

« 肉にレモン汁 | トップページ | 天を向く唐辛子 »