« FBI捜査官と肉屋へお使い | トップページ | 唐辛子がいっぱい »

2009年8月 2日 (日)

大羽鰯の干物

ウチで大羽鰯を焼くと、なんとなくタイ風になってしまう。
味には関係がないのだが、なにか青いものを皿に乗せると美味そう
に見える。プラスチックのバランでもいいのだが、ベランダからとって
きたサラネーを乗せてある。
サラネーで飾るだけで、異国の味に見えてくるから不思議だ。
P1120018pct13


もしパクチーがあったら、パクチーで飾るだろう。
これをナムプリックで食べる。
ナムプリックの辛味と鰯の旨味があう。
こんなことを言うのは俺の舌がタイボケしているからだろう。
お隣さんなら、辛すぎて食べられない。
魚を余り好まない俺が大羽鰯の干物を美味いという。
ヌチャナートは鰯のワタが美味いと言っている。

2009/8/1

|

« FBI捜査官と肉屋へお使い | トップページ | 唐辛子がいっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30797308

この記事へのトラックバック一覧です: 大羽鰯の干物:

« FBI捜査官と肉屋へお使い | トップページ | 唐辛子がいっぱい »