« ヌチャナートの飯 | トップページ | 一人旅のタイ料理 »

2009年8月 3日 (月)

ノーマイドング 筍料理

P1120121pct13

筍料理と日本で言えば春を思わせる。そういう季節感はタイには
ない、と言うとタイ人に失礼だと思
うようになった。
雨季の始まりにでる筍は一番美味いとか、タイにも季節感がある
と思う。俺たちがタイに行くと、何時行っても暑いと感じるのでタイ
には季節がないと勘違いする。
俺だって咲く花の違いから季節を感じるのだから、タイ人もちゃんと
季節を感じるはずだ。
マンゴーが美味しく実る頃になると、大きなマンゴーの木の下で彼
と初めてキスをしたなんてセンチ
メンタルな思い出にふけるタイ人
もいると思うよ。

この筍は醗酵させて酸っぱくなっている。保存食だからこの筍には
季節感がない。酸味は強くない。爽やかな酸味と言ってよい。
レモングラス他で香りをつけたスープだ。飾りにサラネーの緑を
のせた。スプーンで筍や肉をとってそのまま食べてもいい。
一口分のご飯を取り分けて、その上に筍や肉をかけて食べても
美味い。
これをドッサリ作ってくれた。
きっと明日も同じ料理がでてくることだろう。
それが家庭料理の面白さだ。

2009/8/2

|

« ヌチャナートの飯 | トップページ | 一人旅のタイ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヌチャナートの飯 | トップページ | 一人旅のタイ料理 »