« ゲンマラ 苦瓜スープ | トップページ | タイ流炒飯 カオパット »

2009年8月13日 (木)

スックノーマイ 竹の子サラダ

P1120199pct13

竹の子をどうのこうのと言っている。
俺は適当にうんうんと答えている。
「・・・・でいいでしょ?」なんて言われたのか分からないけど、
「うん」無責任に返事をしている。
出された物をちゃんと食べるからそれでいいのだ。
長い間に、俺が食べない、好まない物をヌチャナートは知っている。
無責任にうんと言っておいても昔ほど後悔する料理が出てくること
は少なくなった。
これをサラダと言ってもよいのかわからないが、まあサラダのよう
なもんだ。
フォークを竹の子の茎に沿って動かすと、細かく割れる。
ナイフで千切りにする必要がない。
これにニンニク、タマネギ、レモングラス、唐辛子などを加える。
ミントの葉を乗せる。
日本ではミントなんて歯磨きやガムにしか使わない。
竹の子と歯磨きの香りの組み合わせを想像すると、合わないと
思うだろうな。ガムなどに使う香りはミントの葉から香りだけを抽出
したものを使う。
新鮮なミントの葉の香りは歯磨きやガムの香りとは違う。
重たい感じと言ったらいいのかな?この香りは食欲を刺激する。
これは俺のお気に入りに入る料理だ。

P1120200pct13
スックノーマイの隣に丸い茄子がある。この茄子は別の唐辛子
ソースと一緒に食べる物だと思った
。スックノーマイを食い終わり、
茄子を食べようとしたが、唐辛子ソースがないから手をつけなかっ
た。
「あらっ!?茄子を食べなかったの?」
「・・・・?うん」
「スックノーマイと一緒に食べるのよ」タイ人なら常識かもしれないが、
俺はそんな食べ方を知らな
い。黙って茄子を出すから、後から
唐辛子ソースが出てくる物だと思って、ソースが出てくるの
を待っ
ていた。この茄子のいろいろな食べ方を知るにつれ、タイ人がこの
茄子を愛する気持ちがだんだん分かってき
た。

2009/8/12

|

« ゲンマラ 苦瓜スープ | トップページ | タイ流炒飯 カオパット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30944834

この記事へのトラックバック一覧です: スックノーマイ 竹の子サラダ:

« ゲンマラ 苦瓜スープ | トップページ | タイ流炒飯 カオパット »