« 食べ物と器 | トップページ | どうやって場所を知る »

2009年8月 8日 (土)

海苔の味噌汁タイスタイル

P1120181pct13

タイ南部に旅行した方からお土産にタイの海苔を戴いた。
日本の海苔は四角い枠に入れて乾燥させる。
タイでは丸い枠に入れる。
海苔は四角い物という先入観があるから、戴いた時にはそれが何
なのか分からなかった。
ヌチャナートがこれを使って料理を作ったことがある。
しかし、ヌチャナートの出身地では海苔を使う料理がないか少ない。
馴染みの薄い食材だから、一度か二度だけ海苔を使ったが、後は
そのままだった。

「スープいるでしょ?ナムスップミソを作るわ」
ナムスップミソと言うのは味噌汁のことだ。
英語で言えばミソスープだ。味噌汁はたしかにスープの一種だが、
味噌のスープと言われると日本人の感覚ではちょっと違和感が
ある。ましてタイ語でナムスップミソなんて言われると、味噌汁だ
なんて思えないだろう。
毎度のことなので俺にはナムスップミソ=味噌汁だ。

味噌汁の具は何がいいか聞かれた。
タイの海苔がまだ残っているのを思い出した。
海苔のことをタイ語で何と言うのか思い出せなかった。
辞書で調べるのも面倒だから、タイ語で「海の野菜」と言った。
ワカメも昆布もみんな「海の野菜」で俺は済ませている。
ウチはそれで通じるけど、他のタイ人にも通じるのかな?
そうだ、タイ語では海苔、ワカメ、昆布はみんなサラーイと呼んで
いる。日本人は海藻をよく食べるので海藻を呼び分ける。
タイ人は海藻を種類ごとに細かく呼び分けていない。
呼び分けるということは海藻に親しみ、ちょっとした違いを表現した
いからだ。海の近くに住むタイ人は昆布と海苔を呼び分けているだ
ろうが、一般には呼び分けていない。
海藻を余り食べないから、タイ人は海藻を呼び分ける必要を感じ
ないのだ。

味噌汁の具にタイの海苔をいれることにした。
これをキャベツと一緒に味噌汁の具にした。
味噌汁も上手に作るようになった。
この味噌汁もよく出来ている。
タイの海苔は何処にあるの?
左上にちょっと赤いものがある。それがタイの海苔だ。
ヌチャナートも自画自賛で「ナムスップミソ、おいしいわ」と言って
いる。味噌汁なんだから、お椀に入れるべきだ。
それが日本人の感覚だ。
これは味噌汁ではなくてナムスップミソだから普通のスープ椀に
入れてだした。
この辺りの日本人の感覚はヌチャナートには分からない。

2009/8/8

|

« 食べ物と器 | トップページ | どうやって場所を知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30879926

この記事へのトラックバック一覧です: 海苔の味噌汁タイスタイル:

« 食べ物と器 | トップページ | どうやって場所を知る »