« アメヨコの銀鱈 | トップページ | 袋茸と春雨 »

2009年8月26日 (水)

スイートバジル

P1120405pct13

英語名がスイートバジル、タイ語名がホーラパーという香草がある。
甘いような香りがある。なかなか良い香りだと俺は思っている。
だが他の日本人はこの香りをどう思うかわからない。
それというのもコリアンダーの経験があるからだ。
多くの日本人は欧米崇拝の習慣が未だに残っており、コリアンダー
と英語で言うと受け入れるが、同
じ物をパクチーとタイ語で呼ぶと
くさい葉っぱとなる。
この香草を英語でスイートバジルと呼ぶとなんだか高級なハーブだ
と勘違いし、ホーラパーとタイ語
で呼ぶとわけのわからない物と考え
るのではないか?
良い香りだと思ってもスイートバジルと呼べば受け入れ、ホーラパー
だと受け入れない。俺はそんな気がする。
スイートバジルの香りが好きだから、この香りがある料理はなんでも
旨いと感じてしまう自分がおか
しい。

スイートバジルを鉢に植えてある。必要な時に葉を摘んで料理に
使えるのでヌチャナートは喜んでい
る。買わないですむと言う経済
的問題より、タイでやっていた普通の生活ができるのが嬉しいよう
。鶏肉を煮て器に入れた後、スイートバジルを乗せる。新鮮な緑
が美しい。しかしこの柔らかな緑の葉は熱がかかると直ぐに黒ずむ。
葉の色は変わっても香りは変わらない。
葉を入れた時には、こんな綺麗な色をしていたが、食べる時には
こんな色になってしまう。何だかもの凄くもったいない気がする。
P1120414pct13


今日の料理には乾燥唐辛子を使った。料理によってタイ人は生の
唐辛子と乾燥唐辛子を使い分ける。
俺には未だ唐辛子の使い分け
の基準がわからない。

2009/8/25

|

« アメヨコの銀鱈 | トップページ | 袋茸と春雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31108200

この記事へのトラックバック一覧です: スイートバジル:

« アメヨコの銀鱈 | トップページ | 袋茸と春雨 »