« 今日は辛いわよ | トップページ | ゴミ銀行 »

2009年8月24日 (月)

ガイピン タイ風焼鳥

P1120339pct13

ウチの場合、何を食べると言っても選択肢は少ない。
鶏、豚、牛とたまに俺は魚を食べる。
「今日は何にすんの?」と言われても主に鶏、豚、牛の三つの中から
選ぶしかない。
「トリ!」
「揚げる?それとも焼く?」
揚物はカロリーが高い。焼き物なら油が少し抜けるので低カロリー
だ。太りすぎは禁物だ。焼き物にする。
鶏の焼き物をタイ人に言わせるとガイピンだ。
ガイピンはタイ東北の名物料理になっている。
味付けをしてレンジに入れると、もう何もしない。
そのままほったらかしにしておいて、頃合を見てひっくり返す。
時計も見ないのにヌチャナートはぴったりの頃合に台所に戻り肉を
ひっくり返す。焼けすぎ、焦げ付きはない。
ガイピンは味付けも重要だが、焼け具合がもっと重要だ。
ほどよい頃合だと、肉も柔らかで美味しい。焼けすぎると肉が硬く
なり、パサパサしていただけない。
プリッキヌーで作った唐辛子ペーストはこの位で丁度よいらしい。
肉の分量に合わせて唐辛子ペーストを入れてくれた。
この小さな唐辛子を一本食べただけで日本人は悲鳴をあげる。
ニンニクその他と一緒に叩き潰してペーストにすると、想像するより
辛味を感じないもんだよ。そうは言っても唐辛子だから辛いはずだ。
なんだか他人事のような言い方だ。
俺には辛いと言うのがどんなことなのかよくわからなくなっている。
この唐辛子ペーストを飯に乗せたり、鶏肉に乗せたりして食べる。

2009/8/23

|

« 今日は辛いわよ | トップページ | ゴミ銀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31081451

この記事へのトラックバック一覧です: ガイピン タイ風焼鳥:

« 今日は辛いわよ | トップページ | ゴミ銀行 »