« 地図とタイ人 | トップページ | 茄子のスープ »

2009年8月 9日 (日)

ラオスの酒

ふとタイの村の若い男を思い出した。
そういえば、彼が死んだと言っていたな?
俺が聞き間違っているか勘違いの可能性もある。
ヌチャナートに確認した。やはり死んだのは彼だった。
痩せた小柄の男だった。いつも女のようなか細い声で話をする。
すねたような目つきで世の中を見ている。不満だらけという雰囲気
がありありと出ている感じだ。笑うのを見たことがない。
バイクのサイドカーに母親を乗せて市場へ仕事に行く。
「なんで死んだの?」
「病気よ」
「病気?病気ってなんの病気?」
「肝臓よ」
「・・・・・」
「あの人ね、大酒のみなのよ」
酔った姿を見たことがないが・・・・??酒を飲んでいたのかな?
「日本人はお酒を飲む時、ご飯を食べるでしょ」
「うん」
「タイ人はご飯を食べないのよ」
「・・・・」そりゃいけないなと思いながら話を聞いていた。
「朝、起きるでしょ。コーヒーを飲むだけでご飯を食べないのよ」
それじゃ腹が減ってやりきれないのではないか?
「それからお酒をぐいっと飲むでしょ」
空腹で酒を飲んだら酔っ払う。
「そのまま仕事をして、またお酒を飲むのよ」
これじゃ身体にいいわけない。
「お酒だけ飲んで、ご飯を食べないのよ」
どうりで痩せているはずだ。
「ラオスの白いお酒を飲んでいたのよ。お酒に殺虫剤を入れるのよ」
「えっ!?」たとえ微量とはいえそれは危険だ。
「そうすると早く酔うのよ」
自分で殺虫剤を入れて飲むのだと思った。
もしかして彼は殺虫剤の量を間違ったため中毒死したのか?
「ラオスの会社が殺虫剤を入れるのよ」
なんだか信じられない話だ。中国では乳製品の乳の量を誤魔化す
ために薬品を入れていた。そんなことを考えたくないが、少ない
アルコールで酔わすために殺虫剤をいれることも考えられる。
この話って本当かな?
少なくとも巷間ではそんな話が信じられている。

2009/8/9

|

« 地図とタイ人 | トップページ | 茄子のスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/30894363

この記事へのトラックバック一覧です: ラオスの酒:

» 媚薬 [媚薬]
媚薬とは、性的興奮を高める作用を持つ薬です。媚薬の歴史や効能、成分など、媚薬iまつわるお話なども紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年8月11日 (火) 17時24分

« 地図とタイ人 | トップページ | 茄子のスープ »