« 箸と人間工学 | トップページ | コアヌア »

2009年9月17日 (木)

小鯛の干物

P1120568pct13

小鯛があった。安い物なら何でも直ぐに買い求める。
これに塩を振って一夜干しにした。
更に半生の小鯛を冷蔵庫で熟成させる。
熟成と言うと言葉が綺麗だ。本当は冷蔵庫にしまっておいただけ。
確かに熟成されて小鯛が美味しくなるのだが、臭いが酷い。
「これを焼きましょうよ。そうすれば日持ちもするし・・・・」
焼くと、クサヤのようなにおいがする。
ひでぇーにおいなんだが、食ってみると塩加減がよくて、よい味が
でている。日本人ならお茶漬けにしたくなる味だ。鯛茶漬けだ。
ヌチャナートには別の考えがあるようだ。
焼きあがった小鯛を部屋におくと、部屋中がくさい。
室外において更に乾燥させることにした。
それでもくさいものはくさい。
くさいのだが、味はよい。
この小鯛を使ってどんなタイ料理ができるのか楽しみだ。

2009/9/16

|

« 箸と人間工学 | トップページ | コアヌア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31416007

この記事へのトラックバック一覧です: 小鯛の干物:

« 箸と人間工学 | トップページ | コアヌア »