« パットヌアとニンジン | トップページ | タイの迷信:客を迎える »

2009年9月14日 (月)

ポローカームウ 豚足のトンポーロ

P1120537pct13

何処の国にも特有なにおいがある。
日本特有のにおいは醤油のにおいだと俺は思っている。
蒲焼、焼鳥、お煎餅など醤油のにおいを何処でも感じる。
これがタイになると俺はポローのにおいだと思う。
タイの町を歩くと何処かからポローのにおいが漂ってくる。
においを辿っていくと、大きな鍋に豚足を煮ている屋台に行き着く。

商店街に豚バラ肉があった。
「これ、買う?」
「うーん・・・・?」その時、ポローを思い出した。
バラ肉をポローにしたら旨そうだ。しばらくポローを食べていない。
ポローと言うのは中華料理のトンポーロがタイに伝わり変化した
ものだと俺は見ている。トンポーロもポローも香り付けに八角を使う。
思い出すと食いたくなる。
「買おう、これをポローにすると美味しいよ」
「そうね、ポローなんて暫く食べてないわね。」
「うん」
「豚足も買いましょうよ」
本格的なタイの屋台料理を作るつもりになっている。
食べやすいように適当な大きさに切ってある豚足を求めた。

豚足を煮込むとタイのポローのにおいがする。
このにおいはかなり遠くまで届くはずだ。
ご近所さんは「なんのにおいかしら?」と首をかしげているだろう。

2009/9/11

|

« パットヌアとニンジン | トップページ | タイの迷信:客を迎える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31368227

この記事へのトラックバック一覧です: ポローカームウ 豚足のトンポーロ:

« パットヌアとニンジン | トップページ | タイの迷信:客を迎える »