« コアヌア | トップページ | ヤムマクワ 焼茄子サラダ »

2009年9月20日 (日)

秋刀魚とタイの常識

P1120589pct13

秋は何と言っても秋刀魚の季節だ。
魚が大好きなヌチャナートは秋刀魚がお気に入りだ。
美味しそうな秋刀魚を見つけると「これ買いましょうよ!」と言う。
庶民が行くタイの市場では秋刀魚はなかったと思うが、金持ちが
行くスーパーでは冷凍の秋刀魚はあ
ったと思う。
どの魚も氷付けにして売っているが、地元で取れた魚は別だが、
輸入魚の鮮度は悪い。
体もキラキラと光っていないから、買う気にならない。

塩焼きにした秋刀魚にスダチの汁をかけ、大根おろしと醤油で食べ
るのが日本人の常識だ。ウチじゃスダチの代わりにレモンをかけ、
秋刀魚を青葱、生ニンニクが入った唐辛子ソースにつけて
食べる。
「えーっ!?秋刀魚に唐辛子?!」と驚くかもしれない。
これがタイの常識的食べ方だ。
大根おろしなんてものをタイ人は知らないから、秋刀魚を大根おろし
と一緒に食べると美味しいなん
て発想はタイ人にはない。
俺は慣れっこになっているから、「この秋刀魚は旨いね」なんて言い
ながら唐辛子ソースをつけなが
ら食べている。
初めてこんな食べ方をした人は、唐辛子の刺激で秋刀魚の味なん
て分からない。ただただ悲鳴を上げるだけだ。

「キー・パーが苦くて美味しいのよ。」
キー・パーを直訳すると魚のウンチだ。
この場合は魚のワタのことだ。
タイ語のウンチという言葉には面白い使い方があるから、いつか書
こう。

魚が好きな人は秋刀魚のワタが美味しいという。
俺はたまには秋刀魚のワタを食べる。
多くはワタを食べ残す。
ヌチャナートは俺が食べ残したワタを食べる。
秋刀魚のワタを食べながらヌチャナートが言う。
「なんで、この美味しいとこを残すの?」
魚好きな人には美味しいワタを食べないなんて理解できないようだ。

2009/9/17

|

« コアヌア | トップページ | ヤムマクワ 焼茄子サラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31446813

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚とタイの常識:

« コアヌア | トップページ | ヤムマクワ 焼茄子サラダ »