« 食べ物と健康9029 | トップページ | ミーウドン 饂飩をタイ語で »

2009年9月 3日 (木)

田舎風トムヤンクン

P1120481pct13

久し振りにトムヤンクンが出た。どうもヌチャナートは俺が海老を
嫌う、トムヤンクンは嫌いだと誤解していたようだ。
いつの頃からか覚えていないが、なんだか海老、蟹のにおいが
気になりだした。とくに食べ終わった海老や蟹の殻からでるにおい
が気になる。食べている最中でも、指などにつくにおいが気になる。
それに海老や蟹は食べにくいから食うのが面倒だ。
そんなわけで海老・蟹が出てもちょっとしか食べない。
俺があまり海老を食べないのでヌチャナートはトムヤンクンを作ら
なかったようだ。

「新鮮な海老があったわ。トムヤンクンを作るわね」
「おお、いいね」久し振りなので喜んだ。
「サミイはトムヤンクンを食べないでしょ?」
「・・・・?」
「焼いてあげるわ。それなら食べるでしょ?」
「トムヤンクンだけでいいよ」
多分、半年はトムヤンクンを食べていない。
キッチン菜園からレモングラスを切ってきた。
レモングラスは飼い猫のサダムフセインも大好きな草だ。
料理を作る前にサダムにレモングラスを上げると嬉しそうに食べて
いる。香りが気にいっているのか?
それともレモングラスを食べると身体によいのか?
理由はわからないが、よくサダムはキッチン菜園のレモングラスを
自分で齧っている。

「辛くする?」トムヤンクンの辛味をどうするか聞いている。
「普通にしてくれ。タイの普通の辛さがいい」
「それは無理よ。サミイは食べられないわ」
プリッキヌーを取り出して臼に入れる。他の香辛料と一緒に叩き潰
す。なんだかんだ言っているうちに、料理が出来上がった。
「これは田舎風のトムヤンクンだね」
「そうよ」
久し振りに、トムヤンクンを味わう。
酸味と辛味がなんともいえない調和をだしている。香りもいい。
トムヤンクンは世界三大スープの一つと誰が言い出したのか知ら
ない。本当だろうか?多分タイの宣伝のために誰かが考え出した
キャッチフレーズだろう。
それが真実であろうとなかろうと、目の前の料理が旨いか不味いか
が俺にとって重要だ。
これは旨い。久し振りに食うトムヤンクンを絶賛した。

2009/9/2

|

« 食べ物と健康9029 | トップページ | ミーウドン 饂飩をタイ語で »

コメント

「世界三大スープ」ってのは写真家でジャーナリストの森枝卓士が
その著者「食は東南アジアにあり」の中で書いた一節です

“世界三大ナントカ” という表現はあくまで「甲乙つけがたい」という意味で使われるらしく、特に日本人はこの表現がとても好きですねぇ~。

投稿: adaprio | 2009年9月 3日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31216083

この記事へのトラックバック一覧です: 田舎風トムヤンクン:

« 食べ物と健康9029 | トップページ | ミーウドン 饂飩をタイ語で »