« 小鯛の干物 | トップページ | 秋刀魚とタイの常識 »

2009年9月17日 (木)

コアヌア

P1120565pct13

牛肉をタイの香草で煮込んだものだ。
香草と言ってもウチで鉢植えにしてあるものを摘んできたものだ。
苦瓜の葉も摘んできてこの料理に入れてある。
ベランダで苦瓜を作るには工夫がいる。
苦瓜は蔓を上へ上へと伸ばす。好き放題に伸ばすと何メートルも
上って行く。俺は苦瓜の蔓を右か左に伸ばした。
左か右の端に達すると折り返すようにした。
それを繰り返すと小さなスペースで苦瓜を育てることができる。
俺は苦瓜の実を食べるために植えているのだと思った。
ところが違うのだ。実なんてどうでもいい。
実よりも苦瓜の葉が欲しいようだ。
旨いこと実が出来ればそれを食べる。既に一個の実を食べてし
まった。しょっちゅう、葉を摘んでは食べている。
これでは花が咲いても実が実らない。実っても育たない。
実なんて眼中にないから、どうでもいい。
苦瓜の葉がほしいのだ。

香草にはスイートバジルを使っている。
この甘味を感じさせる軽い香りが好きなんだ。
「うーん、いい香りだ」
でもこの香りは日本の料理には合わないだろうな?
人間の好みは変化する。でも、待てよ!
刺身のつまにスイートバジルが使われるようになるかもしれない。
寿司にマヨネーズが使われる時代だ。
刺身とスイートバジルの組み合わせも出てくる可能性がある。

コアヌアを食いながら、そんなことを考えていた。

2009/9/16

|

« 小鯛の干物 | トップページ | 秋刀魚とタイの常識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31416171

この記事へのトラックバック一覧です: コアヌア:

« 小鯛の干物 | トップページ | 秋刀魚とタイの常識 »