« またソーセイジ | トップページ | 筍の缶詰でスップノーマイ »

2009年10月19日 (月)

俺のソムタム

P1120900pct13

こっちが俺のソムタムだ。俺のソムタムにはベランダで取れた唐辛子
を二本入れてある。ベランダの唐辛子は辛味が少ないとヌチャナート
は言う。俺には辛味が少ない方がいいだろうというヌチャナートの心
づかいだ。たった二本だけの唐辛子だが、タイ料理を食べ慣れない
人には超激辛だろうな。

P1120901pct13
こっちがヌチャナートのソムタムだ。
唐辛子の量が俺とは全く違うから俺のソムタムより赤味が多い。
それに俺の嫌いなプードンなどを加えている。
プードンはそのにおいで俺は参ってしまうほどくさい。
「辛くていいわー!」と言いながらヌチャナートは食べている。
ヌチャナートが辛いと言うものは俺には手がでない。
手が出ないというより、手を出さないことにしている。
あんな物を食ったなら、辛味で腸が驚いて下痢になる。
毎日タイ料理を食っている俺でも手を出さない。
辛い物が好きだと言う日本人が知っている辛さとこの辛さは大違い
だ。

ベランダの苦瓜の葉を取ってきた。
ヌチャナートは苦瓜の葉でソムタムを包んで食べている。
葉を取るのに一枚々取らずに一本の茎を千切ってきた。
茎の途中に苦瓜の黄色の花が咲いていた。
花の下には小さな苦瓜の実がなっていた。
小さいな実ながらも表面に凸凹があるので笑った。
俺のソムタムも美味いと言いながらヌチャナートは食っている。
でも辛くてくさいヌチャナートのソムタムの方がもっと美味しいと彼女
は思っているはずだ。タイの田舎で食べられる郷土料理と同じ物を
食べてヌチャナートは喜んでいる。

2009/10/18

|

« またソーセイジ | トップページ | 筍の缶詰でスップノーマイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31848567

この記事へのトラックバック一覧です: 俺のソムタム:

« またソーセイジ | トップページ | 筍の缶詰でスップノーマイ »