« もやし炒め アラタイ | トップページ | 食物と健康広告X169 »

2009年10月14日 (水)

ソーセイジをタイ風に

P1120847pct13

これは日本のソーセイジなんだが、タイ風に食べるとこんな具合に
なる。ソーセイジには胡瓜が必ずついてくる。
タイの胡瓜がないので日本の胡瓜で代用する。
胡瓜の皮を縞状に剥くのがタイ的食べ方だ。
たしかに日本の胡瓜も美味いが、俺はタイの胡瓜も好きだ。
生姜の薄切りがある。絶対にかかせないのが唐辛子だ。
ソーセイジと生姜、ソーセイジと唐辛子を組み合わせて食べる。
口直しに胡瓜を齧る。ソーセイジに胡瓜・唐辛子なんて組み合わせ
もする。こんな食べ方もいいもんだ。
ケチャップやマスタードと一緒に食べる日本的というのかアメリカ的と
いうのかそんな食べ方に慣れ
た人は、こんな食べ方に違和感をもつ。
でもタイではこれが普通の食べ方なんだな。
中に唐辛子が入り、酸味があるチェンマイ風ソーセイジもこれと同じ
食べ方をする。
ソーセイジにケチャップなんて発想はタイの庶民にはない。
こうやってソーセイジを食べる物だという固定観念ができている。

簡単に真似できるから、やってみたらいかがですか?
いつもと違う酒の肴になります。
胡瓜の皮を写真のように縞状に剥くと異国風な感じが出ます。
生姜はともかく、唐辛子で悲鳴を上げても知りませんよ!
その分だけ酒が進みます。

2009/10/13

|

« もやし炒め アラタイ | トップページ | 食物と健康広告X169 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31780306

この記事へのトラックバック一覧です: ソーセイジをタイ風に:

« もやし炒め アラタイ | トップページ | 食物と健康広告X169 »