« 鮭のプラケムで茶漬 | トップページ | チコリと白菜 »

2009年11月24日 (火)

ゲンノーマイと四角豆

P1130266pct13

ヌチャナートが好きな竹の子を使ったカレー、ゲンノーマイが出て
きた。ウチではよく作る料理だ。色気はあまり綺麗ではない料理だ
が、味の方はいい。辛味がきいている。
生の唐辛子が当然のようにまるごと入っている。
辛いものが苦手は人は生唐辛子をさけて食べれば良い。
いくら生唐辛子をさけてもスープの中に大量の唐辛子が入っている
から辛いのに変わりがない。
竹の子の他に何が入っているのか見たら、四角豆とパパイヤも
入っていた。四角豆をいつも生で食べている。
齧るとポキッと折れて食感がいい。
この豆は生で食べる物だと思っていたら、このように煮ても食べる
のだ。煮た四角豆は柔らかだ。生とは違う旨さがある。
俺は生より煮たほうが気に入った。
この豆を和風に味付けしたらきっと美味しい日本料理になる。
今日のゲンノーマイはその辺にあった野菜を適当にぶち込んだよ
うだ。家庭料理だから、それでいいのだ。

2009/11/23

|

« 鮭のプラケムで茶漬 | トップページ | チコリと白菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32334071

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンノーマイと四角豆:

« 鮭のプラケムで茶漬 | トップページ | チコリと白菜 »