« トムヤンクンが久し振りに | トップページ | クンテンの海老 »

2009年11月28日 (土)

サルバドール・ダリを真似して

P1130307pct13

昔、サルバドール・ダリの展覧会を見に行った。
どんな絵があったのか覚えていないが、一つだけ覚えている写真
があった。それはダリと彼の妻が食事をした後の皿の写真だ。
ダリと妻は海老を食べた。
妻は食べた後の海老の殻を綺麗に並べている。
皿の上は整然としている。
それに対してダリの皿には海老の殻が乱雑に散らばっている。
この写真をダリが撮ったのか別の人が撮ったのか知らない。
ダリに関係するものだとこんな写真も展覧会にでるのだと妙に感心
した。

今日は鰯の丸干しを食った。
魚をあまり好まない俺は魚の食い方が下手で食った後も汚らしい。
今日は魚を綺麗に食ったつもりだった。
頭から尾まで真直ぐな骨がついている。
いつもは骨が折れてしまう。
二匹の魚を綺麗に揃えて並べておいた。
ダリを真似して皿の上の魚の骨の写真を撮ろうとした。

俺がもう充分に食べたと思った魚を見て魚が好きなヌチャナートが
言った。
「あら、頭を食べないの?あたしが頭を食べるわ」
綺麗に並べた魚をとって頭の部分を食べ始めた。
「ほら、こんなに肉があるでしょ。」
魚が好きな人は魚を綺麗に食べる。それはどこに美味しい肉が
あるかよく知っているからとも言える。
俺は綺麗に食べただろうと自慢したい気分だったのに、自尊心を
損なわれた。頭を揃えて綺麗に並べていた魚もこんなに乱雑に
なった。もうヤケクソで写真を撮った。

2009/11/28

|

« トムヤンクンが久し振りに | トップページ | クンテンの海老 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32402798

この記事へのトラックバック一覧です: サルバドール・ダリを真似して:

« トムヤンクンが久し振りに | トップページ | クンテンの海老 »