« 要するにラッキョウ | トップページ | チキンスープにクルトン »

2009年11月14日 (土)

ラープガイ 鶏肉のタイ風サラダ

P1130197pct13

あれだけ好きだったラープを食べなくなった。ヌチャナートがラープ
に苦い胆汁を加えてから食べなくなったのか?
いつから食べなくなったのか思い出せない。
初めてラープを食った時、「これは美味いタイ料理だ!」と感激した。
それが何時の間にやら食べなくなっていた。

久し振りにラープを食べることにした。
今日のラープは鶏肉と砂肝をつかったものだ。
唐辛子も薄荷の葉もベランダで栽培している物を使っている。
大量の唐辛子を使っていると見るか、ごく普通の量とみるかは生活
習慣によっている。こんな量はタイの家庭では普通の量だ。
薄荷の葉からでる香りがいい。
薄荷の香りというとチュウインガムや歯磨き粉の香りを想像するだ
ろう。生の葉からでる香りは歯磨き粉の香りと違ってもっと重たい感
じの香りだ。その香りが唐辛子、レモングラスなどなどの香りと混じ
って食欲をそそる。

2009/11/12

|

« 要するにラッキョウ | トップページ | チキンスープにクルトン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32210131

この記事へのトラックバック一覧です: ラープガイ 鶏肉のタイ風サラダ:

« 要するにラッキョウ | トップページ | チキンスープにクルトン »