« ゲンノーマイのぶっかけ飯 | トップページ | パットウンセン、春雨の炒め物 »

2009年11月11日 (水)

鯛の兜焼

P1130177pct13

俺は魚を余り食べないから、魚が冷蔵庫にないのに気付か
なかった。
「ねぇー、ちょっとスーパーに寄っていかない?
お魚がないのよ。毎日、肉ばかりで飽きちゃったわ。」
そう言われて魚が切れているのに気付いた。
猫の餌にするイカや海老なら確かめているのに、ヌチャナートが
好きな魚については関心がなかった。

スーパーであれこれと魚を買った。
鯛の兜があった。タイでは鯛を食べない。少なくともヌチャナートは
日本に来るまで鯛を知らなかった。
「日本ではこんな物をこんな風にして食べるんだぞ!」
と驚かすつもりで、俺が鯛を兜焼にして出したら、ヌチャナートは
それが気に入った。それ以来、鯛の兜を見ると買う。
白身のあっさりしたところが気に入っているようだ。

「これ、どうやって食べる?焼く?煮る?」
「煮る」
「サミイは煮魚を食べないでしょ。あたしは○○を入れて煮るわ」
ああ、あのくさい奴をいれるのだな。あれは苦手だ。
俺が食わないと知っているのに煮るか焼くかと聞くことないよね。
鯛の兜焼にした。
「大根おろしは自分で作ってね」
大根はタイにもあるが、大根おろしはない。
だから俺が作ることにさせられている。

兜の下にはアラが入っている。アラを使って煮物を作っている。
ヌチャナートの煮物は毎日一回火を通せば腐らない。
香草が沢山入っているから腐りにくい。
さすがタイ料理だと笑ってしまう。

2009/11/09

|

« ゲンノーマイのぶっかけ飯 | トップページ | パットウンセン、春雨の炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32174342

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛の兜焼:

« ゲンノーマイのぶっかけ飯 | トップページ | パットウンセン、春雨の炒め物 »