« ゲンノーマイと四角豆 | トップページ | トムヤンクンが久し振りに »

2009年11月26日 (木)

チコリと白菜

P1130273pct13

ヌチャナートに日本ではタイにはない食べ物を食べさせたい。
俺はタイでは日本にはない食べ物を食べたい。
まっ、これが普通の考え方だと俺は思うのだが、よその国の食い物
は口に合わない。
何処の国でも和食を食いたいなんて考える御仁がいる。
今ではタイの田舎でも擬似和食があるからその願望もまあかなえ
られる。

チコリはタイにはない。チコリをヌチャナートに食べさせるために
買った。
「これをサラダにして食べると美味しいよ」
「作り方、わかんないわ。自分でやってよ!」
「生で食えばいいんだよ」
サラダと言うと野菜、卵、魚、肉などを混ぜ合わせドレッシングで
和えて云々と考えいたようだが、生で食えばいいとわかり安心し
たようだ。冷蔵庫には市販のドレッシングがある。
チコリとドレッシングを和えるものと理解したようだ。

生野菜をドレッシングをかけずにポリポリとタイ人は食う。
あの生臭いもやしも生で食う。
チコリと一緒に白菜も買った。
生の白菜とチコリを切って一緒に盛り付けた。
こう盛りつけると何処から何処までが白菜で何処がチコリなのか分
かりにくい。この後、気になることを言った。
「あたしは普通に食べるわ。」
つまり、野菜を生で齧ることがヌチャナートにとっては普通の食べ方
なのだ。ドレッシングと和えて食べるのは普通でない食べ方という
ことなのだ。その違いに驚き、苦笑した。
そのくせ、野菜をドレッシングにつけて食べると
「いい香りよ、おいしいわ!」なんて言っている。
普通でないつまり異常な食べ方も美味しいと言うのだ。
人間の感覚ってわからないもんだ。

2009/11/25

|

« ゲンノーマイと四角豆 | トップページ | トムヤンクンが久し振りに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32366332

この記事へのトラックバック一覧です: チコリと白菜:

« ゲンノーマイと四角豆 | トップページ | トムヤンクンが久し振りに »