« サルバドール・ダリを真似して | トップページ | 食べ物と健康Z029 »

2009年11月28日 (土)

クンテンの海老

P1130307pct13_2

川海老があった。川海老があるとタイの人々は踊り食いにする。
この海老の踊り食いをクンテンと言う。
ナンプラと唐辛子のソースの中で、ぴちぴちと跳ねる海老を捕まえ
て食べるのは面白い。海老を噛むとプチッと殻が破れて甘い汁が
でてくる。辛いナンプラのソースと一緒に食べると愉快だ。
最初のうちは面白いと思いながら海老の踊り食いを食っている。
今までは海老が跳ねていたが、今度は辛さで日本人が飛び上がる。

買ってきた川海老は新鮮だが活きたものではない。
この川海老をクンテンにするとヌチャナートが言う。
もう海老は踊らないが、ナンプラと唐辛子のソースで川海老の刺身
のようにして食べるつもりだろう。
「危ないよ。火をかけな。」
「この海老、何処でとれたの?」
「真水だよ。寄生虫がいるかもしれないよ」
「海じゃないのね」

クンテンは危ない食べ物だとタイの人も知っている。
俺がクンテンを食べたと聞いて「危ないわよ」と注意してくれたタイ人
がいた。その時は汚ない水の中に住んでいる川海老を食べるので、
病原菌があって危ないのだと思っていた。
一見汚そうに見える川の水だが、病原菌は意外に少ないらしい。
タイの川や湖沼では病原菌よりも寄生虫の方が多いようだ。
今はクンテンを食べて寄生虫に感染することを怖いと思うように
なっている。
クンテンにしようと思っていた川海老をフライパンで炒め
てヌチャナートは食べている。

2009/11/26

|

« サルバドール・ダリを真似して | トップページ | 食べ物と健康Z029 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32402902

この記事へのトラックバック一覧です: クンテンの海老:

« サルバドール・ダリを真似して | トップページ | 食べ物と健康Z029 »