« 春雨と鶏肉のタイ風タジン料理 | トップページ | 烏賊の足 »

2009年12月20日 (日)

マ・マーと箸

P1130473pct13

「お腹すいた?何か食べる?」
それほど腹は空いていない。空いていると言えば空いている。
「マ・マー食べる?」
タイのインスタントラーメンのブランドにマ・マーというのがある。
マ・マーが有名になったので、マ・マーはインスタントラーメンの
代名詞になっている。ラーメンと言われるとなんとなく食いたくなる。
「うん」
「キャベツ入れるでしょ?」
「うん」
インスタントラーメンなのだが、ヌチャナートが作るとタイの味になる。
俺が作っても似たような味だが、タイの味にはならない。

「出来たわよ。早く食べて!」
出された物を見て笑った。ラーメンの出し方もタイ風なんだ。
スプーンは屋台ラーメンと同じステンレスのレンゲだ。
箸が丼の上に乗っている。
日本のラーメン屋でもこのように丼の上に箸を乗せることがあるが
箸の置き方が日本とタイでは違う。
食べる人から見て縦に置いてあるのがタイだ。
日本のラーメン屋だったなら横に置く。
ステンレスのレンゲと縦に置かれた箸を見るとタイの屋台で食う
ラーメンを思い出す。

箸を縦に置くか横に置くかは習慣になっていて無意識のうちに
やっている。日本に住むタイ人と食事をしていたら、タイ人が箸を
縦に置いているのに気づいた。
それを指摘したら、タイ人は驚いていた。

2009/12/19

|

« 春雨と鶏肉のタイ風タジン料理 | トップページ | 烏賊の足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32672228

この記事へのトラックバック一覧です: マ・マーと箸:

« 春雨と鶏肉のタイ風タジン料理 | トップページ | 烏賊の足 »