« こんぺい糖は戦闘食 | トップページ | 現地料理に現地酒 »

2009年12月31日 (木)

蛤の炒め物

P1130542pct13

蛤があった。蛤と表示されているが、これは輸入物だろう。
江戸前で取れる蛤と貝殻が違う。江戸前の蛤は貝殻がつるつるし
ているが、この蛤の貝殻はざらついている。蛤の模様も江戸前の
ものとはちがう。しかし江戸前の蛤に似ている。
そんな蛤をヌチャナートは求めた。多分、あの料理を作るのだろうと想像した。

P1130544pct13

思っていたとおり蛤を炒めだした。この料理をパッカパオホイと呼ん
でいた。こんな味と香りの貝料理は日本にはない。
辛味と香りの料理だ。いかにもタイ料理という感じがする。
日本のあっさりした蛤のお吸い物も上品で良い料理だと思う。
タイのパッカパオホイを食べると、蛤がこんな味になるのかと驚く。

2009/12/30

|

« こんぺい糖は戦闘食 | トップページ | 現地料理に現地酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32802600

この記事へのトラックバック一覧です: 蛤の炒め物:

« こんぺい糖は戦闘食 | トップページ | 現地料理に現地酒 »