« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月20日 (金)

夜明け前から

俺が泊まったホテルの近くで夫婦がプラソムを売っていた。
プラソムと言うのは魚を醗酵させた保存食だ。
日本の熟れ寿司、琵琶湖の鮒寿司と思えばいい。
夫婦はそれを油で揚げて出勤するサラリーマンに売っていた。
大人が掌を伸ばした位の大きさの魚だから、唐揚するには時間が
かかる。中まで火が通るようにするにはゆっくり気長に揚げなくて
はいけない。客が来るのは朝の8時ごろからだ。
それまでに全てを用意しておかなくてはいけない。

俺は早くから酒を飲んでいた。ホテルに戻りまた酒を飲んだ。
酔っ払ってベッドで寝たのはいい。
早い時間に寝てしまったので、目が覚めるのも早い時間だ。
時計を見ると朝の三時だった。
こんな時に限って、完全に目が覚めてしまい、また寝ることができ
ない。しかたがないから、ホテルを抜け出した。
夫婦が商売をしている場所に来た。
もう夫婦は商売の準備をしていた。
五時間後には客がくる。その時のためにプラソムを揚げていた。
店を閉めてから、魚を買い、プラソムを作って、また明日の朝三時
に唐揚を作る。大変な仕事だ。

その場所を訪ねた。もうあの時の夫婦はいなかった。
夫婦の代わりに埃を被った一台の自動車があった。
日本ではこんな風景は当たり前だ。
俺にはこんな所に放置された自動車が壊されずに埃を被ったまま
なのが不思議に思えた。

あの夫婦はどうしているのだろうか?
きっと、何処かに店をもったのだろうと希望的に考えた。

P1070669pct13

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食器の置き方 タイと日本

これはタイでごくごく普通の店だ。一階が店で二階と三階が住居に
なっているような店を想像してもらえばいい。
その店では食器は上向きに置いてあった。
店の前の通りは交通が激しい。
扉なんてないから埃は店の中に入ってくる。
日本人の場合は、食器を逆様にして埃が食器に入らないようにする。
タイ人はすぐに使えるように、食器を正常な形で棚に置いてある。

俺たち日本人はこれを見てタイ人の衛生概念の低さと考える。
タイ人はこれをどう考えているのだろう。
埃なんて別に汚いと思っていないようだ。
多分、これは真実だ。
こんな経験をした。
飲み水の中に黒い物が浮いている。
「うわーっ!」
こんな水を飲んでいたのかと俺は驚いた。タイ人がそれを見た。
別のタイ人が「どうしたの?」と聞いた。
「埃が入っていただけよ」
そう言って笑っていた。
埃は汚い物だとタイ人は考えていないのだろうな。

P1080064pct13

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王冠を利用

俺はタイ人はちょっとしたことをやらない怠け者のような言い方
をした。
それが原因でタイ人を誤解する人がいるといけないので、
タイ人のこんな知恵を紹介しておく。

俺たちは捨ててしまう瓶の王冠をタイ人はこんな風に利用している。
いろいろなことを考えるタイ人もいるのだ。
釘を打ち付けただけより、王冠をこのように利用すれば遥かに
丈夫になる。

小さな知恵だが、面白いことを考えると俺は感心した。

P1080028pct13

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

いなり寿司に生唐辛子

子供の頃近所に美味しいいなり寿司を売る店があった。
その店は繁盛し
ていた。油揚げの味付けが塩っぱかったと記憶して
いる。
「トーフウ戴いたの。食べる?」
ヌチャナートが話す「トーフウ」はタイ語で豆腐のことだ。
見ると、手にしているのはいなり寿司だった。
油揚げは豆腐を揚げた物だから「トーフウ」に間違いはない。
でも「トーフウ」と言われると油揚げとは別物の感じがする。

P1090460pct70

いつも辛いタイ料理ばかりだ。辛くない日本の飯を食ってみるか。
ひとつ、食った。子供の頃の感激は戻ってこない。
このいなり寿司は味付けが甘いからか?
それだけではないな。飽食、美食の時代になり、味付けした油揚げ
の中
に飯だけを詰め込んだいなり寿司は物足りないと感じるように
なってい
る。肉や野菜も詰め込んで欲しい。
そんな贅沢な気持ちが沸いている。
最初の一口は甘い料理は美味しいと感じる。
甘い料理は口が疲れる。すぐに飽きがくる。
いなり寿司の中に唐辛子を加えた。すると辛味が甘味を払拭し良い
味に
なった。
「これなら、食えるな」
次のいなり寿司も油揚げを開き、また唐辛子を加えた。

唐辛子の強い刺激を受けていると、唐辛子がないと飯が食えない。
この
いなり寿司が不味いのではない。俺の味覚が変化しているのだ。
いなり寿司に唐辛子というおかしな組合せだが、二つ三つと食って
いる
うちに冷たい水ではなくて、熱い緑茶が欲しくなった。
久しぶりに日本
の熱いお茶を飲んだ。
これは日本人の食の感覚だ。
俺は日本の食の感覚を取り戻した気がした

子供の頃に得た、食習慣はいつまでもいつまでも続くのだ。

2009/3/18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパイヤの越冬

食べ終わったパパイヤの種をヌチャナートが蒔いた。
それが芽を出しぐんぐん伸びてきたところで寒くなった。
俺は一部を鉢植えにして室内に置いた。
人間と言うのは小さい時に学習した記憶に囚われるようだ。
いつでも暑いタイで育ったから、パパイヤを外に置いていても枯れ
ない
とヌチャナートは思っているようだ。
俺がパパイヤの鉢を室内に入れると、ヌチャナートは鉢を外にだす。
どうして俺がパパイヤを室内にいれるのか理解できないみたいだ。
ヌチャナートには別の理由があって、パパイヤを室内に入れるのが
イヤ
なのかもしれない。俺がしつこくパパイヤを室内に入れるので
ヌチャナートは諦めたようだ

寒さが段々と厳しくなり、屋外のパパイヤは次第に元気がなくなり
れてしまった。室内に置いたパパイヤにヌチャナートが水をあげ
ていると思ったら、水
をあげていない。一枚一枚、葉が落ちて行き、
とうとう幹だけになった
。それでも根は生きているはずだから水を
絶やさなかった。パパイヤは日本の寒さに耐えられないのだと、
ヌチャナートは理解した
ようだ。もう鉢植えのパパイヤを外に出そう
とはしない。小さな葉が出掛かっている。
これから暖かくなると葉が伸びて幹は成長
するだろう。
パパイヤが実をつけたなら、これでソムタムを作るのを楽
しみに
している。

2009/3/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唐辛子と居眠り運転

中国・重慶の警察は居眠り運転を防ぐため、高速道路のガソリン
スタン
ドに生の唐辛子を配布したそうだ。口にほおばったトラック
運転手の話
では「疲れた時には、本当に目が覚めるよ」とのこと。
こんな記事が新聞にあった。
自分で人体実験した結果、眠い時に唐辛子を食べると目が覚める
のは事
実だ。一時的に はっと目が覚めるだけで、またすぐ眠くなる
だ。はっと目が覚めた時に、頭を切り替えれば眠くならないのかも
しれ
ない。

唐辛子の種類は多い。新聞では「口にほおばる」とあったから、
重慶の
警察が使った唐辛子は辛味の少ないタイプだろう。
俺が使ったのは日本で手に入る唐辛子だ。
しし唐のように辛味の少ないものを、噛んでいると眠気は覚める
かもし
れない。止むを得ず唐辛子で眠気を覚ますのも一案だが、
居眠り運転を避けるに
は十分な睡眠と休息が一番良いだろう。

2009/3/19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

サイフォンという煙草

サイフォンという名前の煙草がタイにある。
この意味は「雨降り」だ。
俺は日本の雨の感覚を思い出し、随分おかしな名前だなと感じた。
雨というのは、じめじめして冷たく、雨に濡れると風邪を引く。
日本人にとって雨はどちらかと言うとイヤなもの、迷惑な物だ。

煙草は酒と同じく嗜好品だ。
嗜好品に名前をつける時は、お目出度い名前とか景気のよい名前、
明るいイメージを持つ名前にする。
なんで雨降りなんて陰気くさい名前を煙草につけるのだ!?
煙草が湿気っちゃうじゃないか!
そんな風に感じた。これはタイの煙草だ。
タイ人がよいと感じる名前になっているはずだ。
日本の雨とタイの雨は違う。タイの雨はどさっと降ってピタッと止む。
一日中降り続くことはない。まして一週間もしとしとと降るなんてこと
はない。民家に泊まらないと分からないでしょうけど、夕方に雨が
降るとその晩は涼しくてぐっすり眠れる。
昼間でも雨が降ると涼しくなるから、タイ人には雨は嬉しい物だ。
それだから、嗜好品に「雨降り」なんておかしな名前をつけたのだ。
こう考えると「雨降り」で納得できる。

Saifonpct40_2

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザボンの皮を利用

ザボンの皮を植木鉢に入れている光景を見ました。
どうしてこんなことをするのか確認しませんでしたが、自分は肥やし
になるのだと勝手に解釈していました。日本では卵の殻などを
植木鉢に置いて肥やしにするから、ザボンの皮も同じように肥やし
になると思っちゃった。
こういうことは確認しないといけませんね。
唯単に「こうすると見栄えがよいからだ」なんて答えが返ってくるかも
しれません。或は魔除かもしれませんね。
日本人とタイ人では考え方が違うから、こんなことでも一つ一つ尋ね
ていくと面白い発見があるものです。

090224180640pct35

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁煙キャンペーン

煙草を吸うと肺がんになるから禁煙しろという内容の言葉が何処の
国の煙草にもついている。ここタイでも同じだが、タイのやり方は
もっとどぎつい。手術中の内臓の写真がでている。
赤ん坊が煙たがっている写真もある。

Saifonpct40

政府がこんなことをやっているのか、政府の命令を受けて煙草会社
がやっているのか知らない。欧米人や日本人がこのパッケージを
見るとどぎついなと感じる。庶民の多くはパッケージを見ることが
ないから、タイ人はどぎついなんて感じない。
彼等は店に行って欲しい煙草の名前と金額を言う。
「サイフォン10バーツ」なんて言って本数単位で煙草を買う。
パッケージごと買うのは金持ちだけだ。店も心得たもので、ポリ袋に
10バーツ、20バーツ分の煙草を入れておく。
庶民の多くはパッケージに接することは殆どない。

Saifonbabypct15

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

残飯のパッカパオ

これは残飯のパッカパオだ。残飯の整理をする。
このパッカパオは唐辛子が利いている。
唐辛子の辛味というのは痛みと同じだ。
毎日毎日、辛いものを食べていると口の中の痛覚が麻痺するの
だろう。慣れだろうか?
辛い物を食ってもあんまり痛いとは思わなくなっている

辛い物を食うと涙が出てきて、水を飲んでヒィーヒィー言ったもんだ。
いくら辛味に慣れたとは言え、ヌチャナートが「いい辛味」と言う奴
は手を出さない。ヌチャナートも俺が耐えられる辛味の限界を心得
てい
る。無茶苦茶に辛い物は作らない。
このパッカパオもタイ料理に慣れてない人には辛すぎるのかもしれ
ない

辛いとか口の中が痛いとは思わないが、汗はでる。
タイ人は辛い物を食っても汗がでない。

P1090260pct13
2009/3/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パパイヤの越冬

食べ終わったパパイヤの種をヌチャナートが蒔いた。
それが芽を出しぐんぐん伸びてきたところで寒くなった。
俺は一部を鉢植えにして室内に置いた。
人間と言うのは小さい時に学習した記憶に囚われるようだ。
いつでも暑いタイで育ったから、パパイヤを外に置いていても枯れ
ない
とヌチャナートは思っているようだ。
俺がパパイヤの鉢を室内に入れると、ヌチャナートは鉢を外にだす。
どうして俺がパパイヤを室内にいれるのか理解できないみたいだ。
ヌチャナートには別の理由があって、パパイヤを室内に入れるのが
イヤ
なのかもしれない。
俺がしつこくパパイヤを室内に入れるのでヌチャナートは諦めた
ようだ
。寒さが段々と厳しくなり、屋外のパパイヤは次第に元気が
なくなり枯
れてしまった。
室内に置いたパパイヤにヌチャナートが水をあげていると思ったら、
をあげていない。一枚一枚、葉が落ちて行き、とうとう幹だけに
なった
。それでも根は生きているはずだから水を絶やさなかった。
パパイヤは日本の寒さに耐えられないのだと、ヌチャナートは理解
した
ようだ。もうパパイヤを外に出そうとはしない。
小さな葉が出掛かっている。これから暖かくなると葉が伸びて幹は
成長
するだろう。パパイヤが実をつけたなら、これでソムタムを作る
のを楽
しみにしている。

2009/3/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷凍の粽

冷凍食品の売り場に粽があった。以前、これを買って俺が旨いと
言ったらしい。それをヌチャナートは覚えていた。
「ねぇー、サミイ!粽があるわよ。好きなんでしょ?買ったら?」
そう言われるとなんとなく食いたくなる。

P1090256pct13

電子レンジでチンをすれば簡単に食べられる。
しかし、チンだけで食べるのは味気ない。
蒸し器で蒸して食べたがまだ中心まで熱が通っていなかった。
味気ないがチンの方が簡単でいい。

2009/3/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

食べ物と健康の関係3169

今日も本の広告の中から食べ物と健康の関係を探っている。
どんな食べ物が何によいのか見てみよう。
俺は偏った食事はよくないと思っている。ある食品がある病気によい
と言っても、それだけを大量に食べるのはよくないだろう。
こうやって見ていると、何を食っても健康によいという結論になって
しまうのではないかな?

「健康365」誌 2009年05月号
㈱エイチアンドアイ

「ニチニチ草」の有効成分は欧州では脳の血流改善薬で記憶力や
集中力を高めて耳鳴り・難聴が解消すると大評判
ニチニチ草は食べ物ではないが、以前にもとりあげた
ので、
ここでも取り上げておく。

「ゆほびか」誌 2009年05月号
マキノ出版
医師激賞!23Kg16Kgやせてもリバウンドなし!EDを克服、結婚でき
た、子宝も!気になるにおいも一掃!
「ニンニク一片」ダイエット

「わかさ」誌 2009年05月号 
わかさ出版
脳梗塞による手足のしびれや顔面マヒが改善する神経強化の二大
血流アップ法 動脈ほぐしとショウガ

「壮快」誌 2009年05月号 
マイヘルス社マキノ出版

カナダから感謝の手紙 <タマネキ>で25キロ15キロやせ 耳鳴り
ひざ痛が解消 脳梗塞から復活

2009/3/16

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月15日 (日)

ローティサイマイ 捏ねて焼く

P1080864pct13

小麦粉を良く練り、グルテンの粘りを効かせている。
粘りが出ている小麦粉を手づかみにする。
手づかみにした小麦粉を熱した鉄板の上でぐるぐると回す。
すると薄いお煎餅のようなものが出来上がる。
手をぐるぐると回すだけでお煎餅が出来上がる工程が面白い。
片手でお煎餅を作りながら、もう一方の手で焼きあがったお煎餅を
鉄板からはがす。手づかみにした小麦粉はみるみるなくなっていく。

P1080865pct13

これを髪の毛のように伸ばした砂糖と一緒に食べる。
ちょっと焦げてカラメル臭のある砂糖と薄味で甘い煎餅とあって
美味しい。

2009/2/21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金銭感覚 タイの紙幣

紙幣は財布に入れるものだという習慣がついている。
タイには20, 50, 100, 500, 1000バーツの紙幣がある。
誰かもウエブに書いていたが、タイの庶民にとって1000バーツ紙幣
は大金だ。市場や庶民が住んでいる近所の店での買物では通常は
使用しない。たいてい20バーツ札で間に合う。
1000バーツを日本円に換算すると3-4千円だから、日本人は1000
バーツ札を軽く扱う。タイ人にとって1000バーツ札は日本人に
とって10万円札(もし存在すればの話)ほどの価値があると思って
も良い。

紙幣は財布にしまい、硬貨は小銭入れにしまう。
俺もそうやっていた。タイ語を使い、タイの庶民の中に入り込み、
庶民と同じ物を食べる。タイの習慣、タイ人の行動、タイ人の感覚
などを観察していると、一回の支払いは100バーツ以下が多い。
そのたびに1000バーツ札が入った財布を取り出すと財布の中を覗
き込む奴がいる。日本人の財布には1000バーツ札が何枚も入って
いるのでタイ人は驚いている。多分ね。これは危険だ。狙われたり、
襲われる可能性がある。

そこで100バーツ札以下を小銭入れに仕舞う。
500バーツ札と1000バーツ札だけを財布にしまう。
これは安全対策の一つだ。
この方法の利点はもう一つある。暗い場所では100バーツ札と500
バーツ札の色が同じように見える。金を払う場合、100バーツ札と
500バーツ札を取り違えることがないのがこの方法の利点だ。

夜の歓楽街ではこんなことをする必要がない。
気前よく金を使い、タイの女を喜ばせてあげましょう。

2009/2/27

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »