« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

2009年4月10日 (金)

鶏と筍スープ ゲンガイサイノーマイドング

P1100328pct13

鶏肉と漬け込んだ筍のスープだ。
いかにもタイの料理という雰囲気がでている。
この筍は買って来たものだと思う。
筍はヌチャナートの好物だからよくウチの料理にでてくる。
好きな食材だから、ヌチャナートは筍にこだわる。
「その筍は美味しくないからダメよ。こっちがいいわ」
そんなことを言いながら筍を選んでいる。
缶詰の筍でも、タイからの輸入品は無条件で買う。
サベツだ!!!
ヌチャナートが美味しいと太鼓判を押した筍で作ったスープだ。

2009/4/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汁ビーフン タイ版

P1100339pct13

どういうお天気の具合か分からないが、ヌチャナートは汁ビーフンを
作った。普段はビーフンを使わない。理由はわからない。
「あら、バービーナムみたいよ」
なんだか驚いた様子だ。
「レモンを入れといたわ。掻き回してから食べてね」
ちょっと酸味のあるスープがいいね。
唐辛子の赤がビーフンの白と対照的で鮮やかだ。
ミートボールと言うと高級そうに聞こえるが、挽肉を丸めてスープに
落としただけ
だ。タイ人が作ると、汁ビーフンもタイ風になる。

2009/4/10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛の兜焼と鯛の卵

魚が好きだという人は、「魚によって味が違うから」と言う。
言われて見ると、たしかにそのとおりだ。鯖と鮪では味が全然違う。

鯛の兜焼が好きだと言う人も同じ事をいう。鯛の身の部分は何処も
同じような味だ。兜の部分は骨が複雑に絡み合っている。
骨を剥がしたり、骨の隙間から中の肉を取り出したりする。部位に
よって味が違う。それがいいのだと言う。肉を取り出す作業も面倒
と言えば面倒だが、面白いといえば面白い。
それが鯛の兜焼きを食べる魅力にもなっている。

俺も最近、兜焼の良さを見直した。兜焼は良いと思うようになると、
面白い変化が生じた。今まで、目玉は食べなかった。
あのにゅるっとした感触がイヤだった。目玉って怖ろしいような、
気持ち悪いような気がしていた。
兜焼を美味いと思って食べるようになると、目玉が美味いと思うよう
になった。目玉から出てくるちょっと塩味がする、ゆるいジェリーの
ような物を美味いと感じる。

P1100337pct13

今日の兜には鯛の卵もついていた。兜と卵を一緒につけて売る
なんて珍しい。卵も兜と一緒に焼いた。鯛の卵も鱈子のようで美味い。

ナンプラに生唐辛子を入れたソースが写っているでしょ。
骨の間から取り出した兜焼の肉をこれに漬けて食べると美味いんだ。
そうすると、ヌチャナートは怒る。
「そんなことしちゃダメよ!」
「・・・・」
「魚を皿に置き、ソースをかけるのよ!」
「・・・・」
「そうすれば、このソースは長くもつのよ。魚をこれにつけたなら、
ソースは直ぐにダメになるのよ!」
俺たちには唐辛子の辛さで、ソースの味や香りが変わった、ダメに
なったなんてわからない。
でもタイ人には味の微妙な変化がわかるのだ。
複雑な気持ちを抱きながら鯛の兜焼を食べていた。

2009/4/9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

鰺の塩焼き

P1100260pct13

これは普通の鰺だがなんだか変な格好だ。
鰺が安かったので大量に買っておいた。
新鮮な物はたたきにして食べた。
長期保存用に塩に漬けてプラケムにした物もある。
プラケムは十分寝かしてから食べると美味いよ。
この鰺は冷凍にしておいたものだ。
鰺だと言われても鰺に見えないでしょ。
頭をちょん切ってますから鰺に見えないのです。
これはタイ人が考える合理性なんでしょうか?
頭の部分は食べない。食べない部分も冷凍にするのは無駄だ。
そう言われれば、そのとおり無駄だ。

しかしなぁー、頭のない鰺の塩焼きというのは日本人の感覚から
すると奇妙だ。頭がなくても、味に変わりがない。
でもなぁー???ああ、そうだ!
和食だと思うからいけないのだ。
これもタイ人が作るタイ料理なのだ。
ご飯だって、皿に盛ってある。
箸でなくてレンゲが置いてある。
ナンプラと唐辛子をかけて食べている。
タイ料理だと思えば、全然おかしくないな。

2009/4/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうれん草の収穫

P1100257pct13

都市近郊の農家は人手不足で作物を作っても収穫することができ
ない。綺麗な菜の花が咲いていた。これも手が足りなくて出荷できな
いままにしていたら花が咲いたものだそうだ。
農家の方は残念そうに話をしていた。

ほうれん草も背が高く育っていた。これも出荷できない。
「これ、食べられますよ。持って行きます?」
俺は背が高くなったほうれん草を戴いてきた。
ヌチャナートはそれを見て喜んだ。
「大きくなりすぎたのね。」
葉の部分だけをとり、茎の部分は捨てている。
「ここは硬くて食べられないわ」
持ってきたほうれん草の殆どの部分が捨てられた。
葉の部分だけをフライパンで炒めた。
味付けは塩と調味料だけだ。炒めながらヌチャナートは味見をして
いる。
「うん、美味しいわ。新鮮なのよ。」
食卓に出されたものを味見した。
確かにうまい。甘味がかなりある。
こんな美味い野菜がどうして売れないのだ?
十分に食べられるだけではない、美味しい野菜と言える。
これを捨ててしまうのはもったいない。

こんな美味い野菜が売れないのは、俺たちの頭がコチコチだから
だ。ほうれん草というのは、この位の背丈で、このように束ねて売
るもの。そのように固定観念ができている。
固定観念から外れて大きくなった、ほうれん草はもう売れない。

収穫時期に間に合わなかったことを逆手にとればいい。
このほうれん草は甘味があって美味いから絶対に売れる。
例えば「セータカほうれん草」と名づける。
「甘味が葉に集まっているから美味しいです」と言えばいい。
実際、美味いのだ。

通常の収穫時期から外れたほうれん草を「美味い、美味い」と食い
ながら、こんなことを考えていた。

2009/4/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

ヤムプラムックと夜桜

P1100164pct13

桜が綺麗に咲いているので、夜桜見物をすることにした。
お花見には酒がつき物だ。
コップ酒とヤムプラムック、ゲンノーマイをもって花見に出た。
幸い、今晩は風もなく穏やかな夜だ。
桜は公道沿いにある。時々、車が通る。
車からは俺たちが花見をしながら飯を食っているのが見えるだろう。

ヌチャナートはタイの感覚でヤムプラムックを作った。
「この辛さは普通の辛さだろ?」
「そうね、普通よ。辛くないわ」
美味いのだが、俺には辛くて汗が吹き出る。
この辛さは「口の中が火事になる」辛さなんだろうな?
火事の感覚は痛みに似た感覚だ。
いつもいつも、この刺激を受けているので痛みに鈍感になっている。
「この料理は三歳の子供でも食べられる?」
「三歳なら食べるわよ」
俺たち日本人はこのヤムプラムックを辛いというのに、タイの三歳
の子供は美味しいと言いながら食べる。
辛さに対する耐性が子供の頃から作られているのだ。
ヌチャナートは緑のプリッキヌーを食べたのだろう。
「ああ、いい辛味!」と言っている。
プリッキヌーは特別に辛い唐辛子だ。
俺たちが十分すぎるほど辛いと思うヤムプラムックに、特に辛い
プリッキヌーを加えている。
こうしないとタイ人は美味しいと感じない。

月が綺麗な夜だった。二人だけの静かな花見だ。

2009/4/6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

軟骨の唐揚

軟骨を唐揚にした。
この唐揚に唐辛子ソースをちょっとつけて食べると美味い。
軟骨を熱した油に入れると、見向きもしない。
唐揚にしている間、ヌチャナートは洗い物をしている。
どうやら唐揚げは手抜き料理みたいだ。
時々、掻き回すと油が撥ねる。
手抜きのコツを知っているので、いい具合に揚がっている。

軟骨のコリコリした感触がいい。
唐辛子ソースに軟骨をつける。それをご飯の上に乗せる。
ご飯に唐辛子ソースが浸みる。辛味と油がついた飯が美味いのだ。

P1100107pct13

2009/4/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アスパラとシメジのスープ

レンズが湯気で曇ってしまった。
アスパラとシメジでスープを作ってくれた。
これってタイ料理なの?
うーん、わからない。
タイ人が作るからタイ料理かな?
辛くないから、何処の国の人にも合う料理だと思う。
西洋料理と言ってもいいのではないかな。

P1100103pct13

アスパラのいい香りがする。
本当に美味いと思う時は黙って夢中になって食べるものだ。
「美味い」と言う時間も惜しくなるから、黙ってもくもくとスープを
食べた。

2009/4/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産地偽装と言えるか

P1100070pct13

桜が咲いたので、花見客を当て込んだ屋台が出ている。
ダンボールに立派なジャガイモが入っていた。
「五島ポテト 長崎」と箱に印刷があった。
「ああ、これは九州のジャガイモなんだ」
ジャガイモを見た時は産地なんて俺は気にもしなかったが、その後、
店の看板を見
て考えてしまった。
「サッポロの味 じゃがバター」と書いてある。
なんだこれ!九州のジャガイモでサッポロの味!?

P1100071pct13
日本のジャガイモでドイツ料理を作ってドイツの味と言っている。
それと同じで九州のジャガイモでサッポロの味と言ってもいいよね。
サッポロ産のジャガイモとは言っていないから産地偽装にはなら
ないよね。
でも俺はなんとなくしっくりしない。

P1100072pct13 

2009/4/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生の菜の花

P1100058pctcut

バス停の近くに菜の花が咲いていた。
それ見つけるとヌチャナートは何かを思い出したように奈の花に
駆け寄った。
「これでソムタムを作るのよ。美味しいわよ」
家に戻ると、ソムタムではなくて菜の花を茹でた物を食卓にだした。
ほろ苦さがある。その苦味を美味しいとタイ人は言う。
栽培されている菜の花よりも苦味が強い。
俺の経験から判断すると、栽培種の菜の花より、野生種の菜の花
の苦味をタイ人は
好むと思う。

都会に育った者は摘み草の習慣がない。
土筆のように食べられる草があっても、いちいちそれを摘んで食べ
ようとはしない
。食べられる野菜、香草はタイの野原には沢山ある。
田舎育ちのヌチャナートは、それらの草を摘んでは食べる。
そんな経験から食べられる草、食べられない草を瞬時に見分ける。

P1100102pct13

2009/4/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カオツム タイ風お粥

あんまり食欲がないというより、おかしな時間につまみ食いをした
ので、食事の時間になっても食べたいという意欲がない。
「なに食べる?」
「食べたくない。」
「食べないとダメよ。カオツムなら食べるでしょ?」
しょうがないから、俺は「ウン」と返事をした。
彩がいいカオツムがでてきた。
食欲がないなんて言っていたが、赤い唐辛子に刺激され、全部を
食べてしまった。

P1100050pct13

2009/4/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見とタイ人

俺たち日本人が花見をやるとブルーシートを広げてその上に座る。
それが当たり前の日本の姿だ。

地面にビニールシートを敷いて、座り食事をしようとした。
しかし、タイ人はそれを嫌がり、それはダメだと言う。
タイ人はビニールシートを敷いて地面に座ることを好まない。
彼等は模様を織り込んだ茣蓙なら座る。
そこで日本に住むタイ人に花見の席でこのことを確認してみた。
「日本人はこうしてビニールシートに座るよね」
「・・・・」
「タイ人は嫌がるんだよね」
「そうね」
「茣蓙なら座るよね。どうして?」
「その方がお尻に柔らかなのよ」
ビニールシートだろうと、茣蓙だろうとお尻に当たる感触は
どちらも余り変わりはないと思うのだが、そこにこだわるのだな。

2009/4/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »