« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »

2009年12月 5日 (土)

ハヤトウリのタイカレー

P1130334pct13

今日はタイカレーだ。野菜はハヤトウリを使った。
ハヤトウリをタイ語で何と言うのか知らない。
こんな野菜はタイにはないからハヤトウリと言うタイ語はないだろう。
俺はハヤトウリが好きなのだが、余り売っていない。
ハヤトウリを見かけたので買ってきた。
買いに行く前にハヤトウリのことをヌチャナートに説明した。
「ハヤトウリ」なんて言っても通じない。
「昔、湖に行った時、買った野菜だよ。バスが大きな交差点で曲がる
近くの家で庭に作っている野菜だ。胡瓜の仲間でローズアップルに
似た形をした野菜だよ」
ハヤトウリを説明するのに、こんなにもいろいろなことを言わなくて
はいけない。
日本語でこれだけ説明するのも面倒だ。タイ語で説明
するともっと面倒だ。ヌチャナートもハヤトウリを思い出し、理解した。

以前はハヤトウリをどのようにタイ料理にしたのか覚えていない。
ヌチャナートはこれを今回はタイカレーに入れると言う。
よく煮込んだハヤトウリは味が浸みて柔らかくなる。
このカレーはヌチャナートも辛いという。タイ人が辛いというのだか
ら、日本人には辛すぎる。確かに辛いカレーだが、辛さの他にいろ
いろな香りがするので、辛いと言う実感がない。
実感がなくても身体は辛さに反応して、おでこには汗がびっしょり
でる。

2009/12/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ料理に見えるか

P1130326pct13

これはタイ料理に見えるだろうか?
まっ、普通の野菜炒めと見えるだろうな。
野菜を食べなくてはいけないと言ってカリフラワーと一緒に肉を炒
めた。

カリフラワーの日本語は花キャベツだったかな。
タイ語でカリフラワーのことを直訳すると「花野菜」だったな。
英語でもフラワーと花を意味する言葉を使っている。
みんなが同じように花と感じるのが面白い。
面白くないって?でも俺は面白いと感じるのだ。

皿に乗った野菜炒めだけを見ていたらタイ料理にはみえないが、
下にある唐辛子をみてくれ。これだけ唐辛子を用意すればタイ料理
に見えるだろう。
ミネラルウオーターも用意してある。
入れ物は本物だが実は水道水だ。
写真じゃミネラルウオーターも水道水も見分けがつかない。
空瓶に水道水を入れてミネラルウオーターと言ってだしている料理
店があるかもしれないな。

タイ料理を食う時は水を取らないといけないようだ。
辛味で胃腸をやられるのかな?
俺が食事の時、或は食後に水を飲まないとヌチャナートは怒る。
タイの店に入ると「水はなんにしますか?」と必ず聞かれる。
それは売上げを伸ばすためだけではないみたいだ。
理由はわからないが、タイ料理を食う時は水を飲んだ方がよさそうだ。

2009/12/2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 3日 (木)

南蛮料理とタイ

日本にはポルトガルの影響を受けた食べ物が多い。
その筆頭が天麩羅だろうな。金平糖なんてものもポルトガルの影響
を受けたものだ。それらを総称して南蛮料理と呼んでいる。
考えて見れば南蛮なんて蔑称を使うのは失礼な話だ。
現代の我々はそれを蔑称と感じているが、当時の日本人は別の捉
え方をしていたと思う。南蛮渡来の品は貴重品だった。
南蛮と言う言葉は高級品と同意語だったかもしれない。
現代の日本人がルイヴィトンやグッチ、ピエール・カルダンと言った
輸入ブランド商品を有り難がるよう
に、当時の日本人は南蛮と言っ
ただけで有り難がったのだろう。

南蛮貿易によって伝えられた南蛮料理というものを分類すると
二種類あるのではないか?
一つは金平糖のようにポルトガルで食べられているものが日本に
伝えられたもの。
もう一つはポルトガル人の使用人或は船員としてポルトガル人と共
に日本に来た東南アジアの人が伝えた
東南アジアの料理だ。

南蛮料理、例えば南蛮漬と呼んでいる揚げた魚などを酢醤油と
唐辛子の入ったタレに漬け込んだ料理があ
る。ヌチャナートは日本
に伝えられた味と似かよった味の小魚の南蛮漬を作る。
揚げた魚をピリ辛のタレで漬け込む南蛮漬はポルトガルの料理
ではなくて東南アジアの料理ではないかと
ヌチャナートの料理を
食っているうちに思うようになった。?

もし南蛮漬がポルトガルからタイに伝えられたものなら、ヌチャナート
が作る南蛮漬はタイ風の味ではな
くもっと変わった味になっている
はずだ。南蛮漬の特徴的な味は唐辛子だ。唐辛子はタイの味だ。
南蛮漬がポルトガルの料理なら味付けに唐辛子で
はなくポルトガル
で取れる香草を使うはずだ。
そんなことを考えると南蛮漬は東南アジアの料理なのではないか
と思っている。
南蛮漬が今もポルトガルにあるとしたら、それはポルトガル料理で
はなくて東南アジアからポルトガルに
逆輸出し伝わったものだろう。

俺の記憶が正しければ、油で揚げる料理はポルトガル人によって
タイに伝えられた。揚げた物をナンプラ、酢、唐辛子他で味付けし
たタレに漬け込むのはタイなどの東南アジア人が発明した
のでは
ないか?
ポルトガルの揚物料理が東南アジアで変化、発展した料理が南蛮
漬として日本に伝えられたとも考えられ
る。

ポルトガル料理はタイに伝えられて今も食されている。
それらポルトガル発祥の料理などをタイ人はなんと総称しているの
だろう?
南蛮料理つまり南の野蛮人の料理だなんて呼んでいないはずだ。
ポルトガルはタイから見ると遥かに西方だから西蛮人料理なんて
呼ぶのかな?
純粋にポルトガル料理と呼んでいるのか?
あるいはただ単に「外国の料理」と呼んでいるのか?
ちょっと興味がある。

2009/12/3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月 2日 (水)

食べ物と健康Z029続

食い物と健康に関する広告をみている。
「これを食うと腎臓によい」という類の広告が沢山ある。
そんな広告が目に付いたら書き出している。
今日はもうひとつ別の広告が目に入った。
この広告では黒豆がいいと書いてある。
別の広告では大豆がいいと書いてある。
健康食にも流行り廃りがある。
豆が身体にいいという傾向があるのかな?
もしかすると豆健康ブームが起きるかもしれない。

「健康」誌 2010年01月号 主婦の友社
高血圧・乾燥肌・冷え性に黒豆コラーゲンスープ

リンゴ一個で便秘・アレルギーが緩和

2009/12/02

| | コメント (0) | トラックバック (2)

鯖缶詰のトムヤンスープ

P1130318pct13

スープはなんにしようかとヌチャナートは考えていた。
「ねぇー、お魚のスープでもいい?」
「ああ、いいよ。」
「缶詰の魚よ。いい?」
「いいよ」
パソコンを叩きながら軽く返事をした。
返事はしたが、ヌチャナートがナンと言ったのか理解していない。
機械的に返事をしていた。
魚の缶詰がどうのこうのと言ったので、台所で見た鯖の缶詰を思い
出した。鯖の缶詰を使ったサラダはよく作るので、サラダがでるも
のだと勝手に思っている。出された物を見て驚いた。
鯖の缶詰と春雨を使ったトムヤンだった。
そういえば「魚の缶詰のトムヤンを食べるでしょ?」と言っていた。
いい加減に聞いて、適当に返事をしていたのだ。
生の魚を使ったものだと魚の生臭みがでる。
これは缶詰だから、生臭さはない。
俺にもこの魚のスープは食える。

2009/12/01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウチのご飯

P1130320pct13

こんな形でご飯を食べることがウチでは多い。
日本と同じでタイも主食は米だが飯の盛り付け方は違う。
茶碗に飯を盛り付けるのが日本の方式だが、皿に盛りつけるのが
タイの方式だ。皿に飯を盛りつけるのは洋食かカレーの時の飯の
盛り付けと日本ではなっている。
タイ人の食べ方は皿の飯にどばっとおかずをぶっかける食べ方と
このように飯の横におかずを置いて食べる食べ方がある。
写真のような食べ方はごくごく普通のタイ庶民の家庭での食事だ。
観光旅行で連れて行かれるタイ王宮料理店で出されるような料理
をタイの普通の家庭で食べていると思ってはいけない。
あんな料理を毎日、毎食は面倒でやっていられない。
あれは和食で言えば懐石料理みたいなもんだ。普段はこのような
簡単な料理で食事を済ませているのは日本と同じだ。
外食文化の盛んな国タイでは、こんな料理も家庭で作るのではな
くて、外で買って来て皿に盛って食べるスタイルが多い。
日本じゃこんな料理を買うことができないから、ウチで調理したもの
だ。キムチがあったのでキムチを乗せた。
アメリカ製の唐辛子ソースをかけながら俺は食っている。
このソースはタイ人には人気がない。
「そのソースは美味しくないでしょ?」
「美味しいよ」俺はむきになって反撥する。
唐辛子を多用するから、タイ人は唐辛子の味や香りにうるさい。

2009/12/01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物と健康Z029

食べ物と健康Z029

「これを食うと身体にいい」「これは身体にいい」という話がある。
そんな話を広告の中に見つけている。
とにかくいろんなものがある。
結局、何を食っても健康によくなってしまうのではないか?
それから流行がある。ある時はキノコであり、またある時はバナナ
であったりする。
その流行をみるのも面白いかもしれない。

「安心」誌 2010年01月号 マキノ出版
免疫力が高まる!体温が上がる!
ショウガココア
高い血圧が下がり正常化!
ひざ痛、腰痛、頭痛が軽快
メタボに効く!シワもたるみも消え肌ツヤツヤアップ!

「夢21」誌 2010年01月号 わかさ出版
こめかみが脈打つようにズキズキ痛む
片頭痛の画期的な根治法は
海藻の多食と朝日浴び歩き

女性ホルモンの急減による更年期の頭痛めまいを治す妙薬は
大豆食と首ひねり

2009/12/02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月6日 - 2009年12月12日 »