« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009年1月31日 (土)

酸っぱいトムカーガイ

トムカーガイがでた。鶏肉が手羽元だから、肉を手で持って食べ
ないといけない。手が汚れるのが気になるが、骨の端にある軟骨
をコリコリ食べるとうまい。ココナツの油、タマリンドの酸味がいい。
これも好きなタイ料理の一つだ。

今日のトムカーガイはちょっとタマリンドを入れすぎたから酸っぱい
とヌチャナートは言う。どうやらタイ人は酸っぱい物が苦手のようだ。
オレンジやパイナップルの酸味も酸っぱいと言って嫌っている。
その代わり、苦い物は好きだ。
俺たちが食えない苦い物を好んで食べる。
このトムカーガイの酸味は俺にとっては丁度良い酸味だ。
このくらい酸っぱい方が美味しいと思うのだが、タイ人には酸っぱ
すぎるようだ。

P1070492pct13

味に対する好みというのか耐性について文化人類学的に調査
すると面白いかもしれない。
日本人は唐辛子の辛味はほんのちょっとだけで耐えられなくなる。
タイ人は驚くほど辛い料理を平気で食べる。
日本人は酢の物が好きだ。
タイ人は酸っぱい物は嫌いだ。
日本人もタイ人も甘い物は好きだ。
タイだって南と北で料理が違うから、味に対する耐性も南と北では
違うかもしれない。

2009/1/31


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

米の砥ぎ汁とタイ人

俺は子供の頃から、ご飯を作るために白米を水で綺麗にすることを
「こめをとぐ」と言って
いた。「こめを洗う」と言う人もいる。
英語と同じ表現だ。
たしかに米を洗っているのだが、「こめをとぐ」という表現に慣れて
いるので米を洗うといわれ
ると違和感を感じる。
特別な存在、例えば皇室とか神仏に対しては特別な言葉を使う。
米をとぐという表現は米を神格化して「洗う」では敬意を失する、
「とぐ」と言うべきだという
考えの表れだと思っている。多くの場合、
米の砥ぎ汁は捨ててしまう。庭や植木のある家では砥ぎ汁には
植物の栄
養があると言って、砥ぎ汁を花や植木に与えている。

米の砥ぎ汁をタイ人はこんな使い方をしている。
ヌチャナートがパクドンを作っていた。パクドンと言うのはタイの
漬物と思えばいい。キャベツを切って塩もみする。泡が沢山でる。
塩もみされたキャベツが柔らかになると、水
で余分な塩を洗い流す。
この後に米の砥ぎ汁を加える。
これを容器に入れておくと醗酵して漬物ができる。
たまたま他のパクドンの汁が残っていた。その汁を加えると醗酵
が早くなる。
醗酵製品だからにおいが酷い。
多くの日本人はそのにおいを嫌う。このようなにおいが強くて癖の
ある食品は好きな人は好き、嫌いな人は全くダメだ。
ヌチャナートは楽しそうにパクドンを作っている。
俺は米の砥ぎ汁の使い方を興味を持ってみている。

2008/1/28


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

トムナンプラガイ

ちょこちょこと料理を作ってだしてきた。どうも見かけが悪い。
赤キャベツの色が悪いからだ。
一口、味見をする。
見かけとはちがっていい味がでている。
普段のタイ料理とは違って塩味が濃い。
こんなに塩っぱいタイ料理も珍しい。
まるで日本の味噌汁を飲む感じだ。
そういえば、味噌汁もながいこと飲んでいない。

P1070464pct13

味噌汁の味を思い出しながらスープを飲んでいる。
白い米の飯を塩っぱいもので食うと米の甘味が強調される。

2009/1/29


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

生もやし

もやしは加熱して食べる物だという固定概念を俺は持っている。
しかし、タイ人はもやしを生で食べる。
俺はもやしが持っている豆くさいにおいがいやだ。
そんなことをタイ人は気にしない。むしろそのにおいは好ましい
においと感じているのだろう。

P1070431pct13

今日はタイ人が好むカノムチンだ。
ヌチャナートは生もやしと一緒に美味しそうにカノムチンを食べて
いる。カノムチンとはソーメンにタレをかけたものだ。
タレは熱いのだが、ソーメンは常温だ。タレの温度が下がる。
生温かい温度で食べるのがよいらしい。

和食でも西洋料理でも熱い物は熱く、冷たいものは冷たくだすの
が基本だ。
このように中途半端な温度で食べるのは世界でも珍しい食べ方だ。

俺はカノムチンの温度が気に食わない。
それだけの理由でカノムチンを食べない。
ヌチャナートがカノムチンと一緒に食べるので生もやしはすぐに
なくなった。

2009/1/26


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (1)

野菜と便秘

俺の子供の頃は肉を食べろ、魚を食べろ、もっと脂肪をとれと
いわれた。日本の食事情が悪かったから、健康の為に高蛋白、
高カロリーの食品をとれといわれた
のだ。今はその逆でカロリーを
押さえ、野菜をもっと食えと言っている。
最近、野菜を多く食べている。そうすると、小気味良い便がでる。
バナナのような便がストンと落ちる。そして肛門の周囲
も汚れ
ない。野菜を多く食べると便秘の解消になる。

今日も野菜料理の続きだ。エンドウがあった。
カロリーを抑えるため、エンドウを茹でただ
けで食べようと思った。
「この豆、どうやって食べたいの?」
「茹でれば良いよ」
「そんなの、美味しくないわ。炒めてあげるわ」
冷蔵庫をあけたが、直ぐに食べられる肉はない。
「あら、お肉ないわ。これで炒めると美味しいわよ」
白い豚の背油を取り出した。これで炒めるとこってりした味になる。
豚の背油で炒めたものを食いたかったが、欲望を抑えた。
ヌチャナートは植物油でエンドウともやしを炒めた。
簡単な料理だが、旨い。
野菜を食ったから、明日も快適な便がでるだろう。

P1070432pct13

2009/1/26


TREview

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

唐辛子と山葵

辛味というのは麻薬のように耐性ができて、より辛い物を求める
ようになると聞いていた。俺の経験でもそれは正しいような気が
する。俺もちょっとくらいの辛さでは辛味を感じなくなっているからだ。

昔、タイの屋台で唐辛子ソースを作っているのを見た。ナンプラに
唐辛子をどさっと入れて味見をして考えながら作っていた。
「あんなに唐辛子が入っているのに、ちゃんと味を聞き分けられる
のだ」と俺は感心した。

俺も毎日、辛い料理を食べているので、辛味にたいして耐性が
できたようだ。昔は、一人前のカレーに唐辛子が一本入ったなら、
とても辛くて食えなかった。今では平気で食っている。
辛味に慣れたら、おかしな変化に気づいた。

辛味の段階を1から50まであるとしよう。
50というのはタイ人が激辛という辛さとする。
タイ人の普通の辛さは25から30位だとする。
40になるとタイ人もちょっと辛いと言う。そんな物差しを想像しよう。
日本人がピリ辛というのは5-10かな。
10から20で中辛から大辛、25になると激辛かな。
それ以上の辛さは もうみんな辛い物で辛さの強さなんて見分け
られない。

いつも辛い物ばかりを食べているので、俺はピリ辛と言われる
程度の辛味では辛味を感じなくなっている。
辛さの弱さを見分けられなくなっている。その程度の辛さは
刺激にならない。

辛い料理ばかり食べさせられるので、山葵をタイに持って行き、
タイ人に山葵を食べさせた。辛さで仕返しをするつもりだった。
何も知らないタイ人は山葵をたっぷりつけて食べた。
「うっ!」と言ってタイ人は鼻を押さえた。
「辛いか!」
「辛くないが、鼻が痛い!」
「日本人はいつもこんなものを食べているんだぞ!」
俺は単純に「勝った!」と思い笑った。
これで日本人はタイ人より辛さに強いと思ったのは早計だった。

和食がタイでもブームになっており、タイ人も山葵を食べる機会
が増えた。鼻にツンとくる刺激に慣れると、日本人がびっくり、
飽きれるほど山葵をつけてタイ人は和食を食べる。
どうしてなんだろうね?
ベトナム人もたっぷり山葵をつけて食べているのをテレビで見た。
唐辛子の辛味に慣れている人は、山葵にも同じ程度の刺激を
求めるようだ。
辛さに関しては東南アジアの人には適わない。

2009/1/26


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

今日のパッカパオ

今日も何を食いたいのか聞かれた。本当のことを言って、何を食い
たいのか自分でも分からない。主婦としては旦那が食いたいと
思うものを作ってあげたい。その気持ちは分かる。
俺だって「ラーメンが食いたい、カレーがいいな」と言ってあげた
いが、特にこれと言って食いたいタイ料理もない。
それほど腹が減っていない、義務的に食う感じかな?
飽食なんだな。考えているうちにヌチャナートが言った。
「パッカパオにする?」
俺は自動的に「うん」と返事をしている。
「No!」と言ったら自分で代わりの料理を考えなくてはいけない。
一番簡単な方法を選んだ。
太りすぎを警戒してご飯の量を落としている。
それなのにヌチャナートは体調が悪いから食欲がないと誤解する。
出されたご飯を減らしてもらう。

P1070374pct13

自分が食べたいと言って作ってもらったパッカパオではないが、
食べ始めると旨い。旨いとよく噛まないで早食いになる。
「ゆっくり、ゆっくり。よく噛んで食べろ!」
自分に言い聞かせながら食べる。今までの会話も止まり、食べる
ことに専念している。肉からでた汁がご飯にしみる。
その飯が肉以上に旨い。
飽食だ、義務的食事だなんて考えていたことも忘れて夢中に
なって食っている。

2009/1/23


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »