« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »

2009年2月28日 (土)

ラオス語と間違われる

いつもの店にきた。ここでコーヒーを飲んで帰る。
コーヒーに砂糖しかいれない客は俺だけらしい。
しかもタイ人の半分しか入れない。
本当にミルクを入れないのか?と何度も聞かれた。
俺のような客は珍しいらしい。
何度も通っているうちに、今では黙って指をさせば美味しい
コーヒーをいれてくれる。

今日はおばさんがいない。子供が店番をしていた。
子供に「ガフェー」と言ってコーヒーを注文した。
「えっ?何ですか?」
「ガフェー」
同じ言葉を三度ほど言うとやっと理解した。
子供は俺の注文を母親に伝えた。
「この人、ラオス語を話す人だよ」
ラオス語とタイ東北部の方言は似ている。
俺のタイ語はヌチャナートの影響を受けている。
いままで「タイ語がお上手ですね」とお世辞を言われたことは
たびたびある。
でもラオス語と間違えられたのは初めてだ。

2009/2/23


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀で食器を洗う

旧市街を取囲んでいる堀がある。人力と象で戦った昔は堀や城壁を作って町を守ることができた。その堀の戦略的意味が薄れた現在では堀は水のある静かな光景を作っている。町は水の浄化に取り組んでいるが、堀にゴミを捨てる町民が多く、水は汚れている。ゴミが浮き、アオコが発生している。それを汚いと誰も感じていないようだ。

P1090092pct13

その堀で信じられない光景を見た。
堀の水を使って鍋を洗っているおばさんがいる。姿から見て屋台で食べ物を売っているお
ばさんと分かる。路上にある屋台から真直ぐ堀に降りると鍋を洗っているおばさんの位置になる。屋台には誰もいない。間違いなくおばさんは屋台の主だ。しばらく待っていると、おばさんは屋台に戻ってきた。
あんな汚い水で洗った鍋で食べ物を作り、客にだしているのだ。

P1090093pct13

「おばさんの脇に綺麗な水が入ったバケツがある」「鍋を洗った水を堀にすてているだけだ」とおばさんに好意的な見方をしよう。そんなことの為に重い水バケツを堀まで運ぶか?路上で鍋を洗い、汚水を道路わきの下水に捨てるほうが簡単だ。バケツは明らかに堀の水を汲むためのものだ。

タイで腹を壊す観光客が多い。
ツアーで一流料理店で食事をしていても腹を壊す。
一流料理店の衛生管理は優れているとしよう。
(俺はそんなことを信じていない。衛生という思想がないのだから、やはり一流料理店の
裏側も非衛生的だと思っている。)
衛生管理が行き届いている店で食事をしていても、腹を壊す。それは唐辛子の刺激に
腹が耐えられないからだ。

P1090094pct13

冒険のつもりで観光客が屋台で食事をする。
そうすると運悪くこのおばさんの屋台で食事をするかもしれない。
堀で洗った直後の鍋で作った料理を出されたなら間違いなく腹を壊す。
運よく、先客がいてバイキンや洗剤などを先に食べてくれたなら腹を壊さないかもしれな
い。

衛生観念がないことは重々承知していた。
まさか食べ物を売って生計を立てている人が、汚れた堀の水で食器を洗うとは夢にも思
っていなかった。飽きれて開いた口が塞がらなかった。

2009/2/28


TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年3月1日 - 2009年3月7日 »