« バナナロール | トップページ | 豚バラ肉のトムチュート »

2010年1月10日 (日)

飴色の鶏

P1130671pct13

俺は鶏の足なんて食べるところではないと思っていた。
タイでは鶏の足をよく食べる。鶏の足を出されるから食っていた。
食っているうちに鶏の足を美味いと思うようになった。
今では鶏の足は好物になっている。
人によっては骨ばかりだから鶏の足は嫌いだと言う。
確かに細かな骨が沢山ある。
口の中で舌を動かして骨と肉を選び分けるのは面倒だ。
鶏の足が好きになると、その面倒な作業を面白いと感じる。
鶏の足の肉は柔らかで油が多く栄養豊富だ。
日本人は鶏の足を食べないから値段が安い。
鶏の足の欠点は食べる肉の割りに嵩張るから保管が大変なことかな。

今日はタイの友達が飴色に煮上げた鶏の足を持ってきてくれた。
綺麗に煮てある。煮汁が冷えてくると煮汁がにこごりになる。
このにこごりを口に入れるととろりととけてなくなる。

2010/1/9

|

« バナナロール | トップページ | 豚バラ肉のトムチュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32929027

この記事へのトラックバック一覧です: 飴色の鶏:

« バナナロール | トップページ | 豚バラ肉のトムチュート »