« 年越し蕎麦 | トップページ | コハダの粟漬とタイ人 »

2010年1月 1日 (金)

お餅

明日は正月だな。毎日がタイ料理だから、正月もタイ料理で過ごすこ
とになりそうだ。俺はそれでもいいと思っていたのだが、正月らしい
雰囲気もだしたい気持ちになった。お屠蘇は作ったから正月の準備
もできたと思った。正月の祝い膳に並ぶお節料理はいらない。
雑煮があればそれでいい。

元日には雑煮を作ろう。雑煮と言っても俺が知っている雑煮は東京
風のものだ。澄まし汁に餅を入れ蒲鉾と三つ葉を浮かべる簡単な
ものだ。正月の品といっても雑煮に必要な品は全部揃っていると
思った。

大晦日の夕方になった。その時、まだ餅を買っていないのを思い出
した。餅なしの雑煮なんてありえない。餅を買いに行った。

もち米を主食にしているタイ東北部出身のヌチャナートだが、タイ人
は餅を知らない。餅の事をタイ語でカノムカオニョウと言っている。
直訳すると菓子餅米となる。餅は餅米の加工品だが、菓子と言わ
れると違和感がある。タイ語の感覚では餅はもち米で作ったお菓子
に見える。しかし俺達の感覚では菓子は甘い物だ。
俺には餅をカノムカオニョウというのは抵抗がある。

雑煮を作って正月を祝った。
「スープがおいしいわ」市販の出汁に手を加えてつくった汁だ。
餅を焦がさないように焼くのに気を使うだけで、東京風の雑煮は簡単
にできる。

P1130556pct13

「お餅はタイにはないのよ。」
毎日もち米を食っているのに、それを餅にしないことが俺には不思
議というより驚異だ。何故、タイ人は餅を作らないのか??
ヌチャナートは日本に来て餅つきの経験があるから、どうやって餅を
作るのか知っている。そんなことを考えているとヌチャナートが話を
続けた。
「ソムタムの臼でお餅を作ればいいわね」
やってやれないこともないだろうが、あんな臼で餅を作るのは困難
だと思う。つきあげたほかほかの餅をソムタムと一緒に食べたなら
美味しいと思う。タイ人には驚きの味だろう。

2010/1/1

|

« 年越し蕎麦 | トップページ | コハダの粟漬とタイ人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32819951

この記事へのトラックバック一覧です: お餅:

« 年越し蕎麦 | トップページ | コハダの粟漬とタイ人 »