« 現地料理に現地酒 | トップページ | お餅 »

2010年1月 1日 (金)

年越し蕎麦

俺は年越し蕎麦なんてことを忘れていた。ヌチャナートが
「お蕎麦がいるでしょ?」と言ったので年越し蕎麦を思い出した。
身欠鰊があった。身欠鰊を年越し蕎麦に入れてニシン蕎麦にした。

俺は蕎麦が好きだ。魚を余り好まない俺だが、甘辛く煮た身欠鰊は
好きだ。蕎麦の上に身欠鰊がのったニシン蕎麦を初めて食った時、
「これはうまい」と思った。
年末年始の伝統料理は俺が作ることになってしまった。
そうさせられている。年越し蕎麦も俺が作る。
身欠鰊を甘辛く煮付けて年越し蕎麦にのせた。
俺には上出来の味だった。
魚が好きなヌチャナートなのに甘辛く煮付けたニシンは一口齧った
だけだった。

俺もタイで似たような経験をしているから、俺はヌチャナートの気持
ちがわかる。事務所の近くに昼飯やら日用雑貨、衣料品などの屋台
が並ぶ。ある屋台で美味そうなものを見つけて入った。
そうしたら、飯にのった肉が甘辛い。
塩辛い味であるはずだと思っていたから甘辛い味は期待値の外側
にある。これは不味い!もう食うまいと思っていたのに、その味を
忘れて、見かけに釣られてまた注文してしまった。

その時、俺は思った。
日本人が美味いと言いながら食べる鰻の蒲焼は甘辛い味だ。
甘辛い味というのは受け入れられるようで受け入れられない味だ。
鰻を焼いているにおいを嗅いだだけで日本人はよだれをだす。
しかしタイ人を含めた外人には鰻の蒲焼は美味しい味ではないの
ではないか?

2009/12/31

|

« 現地料理に現地酒 | トップページ | お餅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32819890

この記事へのトラックバック一覧です: 年越し蕎麦:

« 現地料理に現地酒 | トップページ | お餅 »