« パッカパオキムチ | トップページ | ハンバーグラオ »

2010年1月13日 (水)

豚バラ肉のタイ風炒め

P1130685pct13

昨日の晩に味付けをして冷蔵庫に仕舞っておいた豚バラ肉を炒め
た。味付けは秘密、教えない。もったいぶっているのではない。
ヌチャナートがどんな味付けをしたのか分からないだけだ。
ナンプラと味の素を使ったのは間違いない。
味の素というのは日本人にとっても長い単語だが、タイ語でもアジノ
モトで通じる。日本人が聞くとおかしな発音だが、ちゃんとアジノモト
と言っている。
この料理の何処がタイ風なんだ?と疑問を持つ人がいる。
そう言われると返事に困る。タイ人がナンプラを使って味付けした
からタイ風では納得できないよね。豚バラ肉を圧切りにして炒める
料理は日本人の家庭ではあまりやらないのではないかな?
そんなところがタイ風かな?

バラ肉だから脂が多い。その脂がうまい。
メタボに脂は大敵なのだが、脂の美味さに誘惑される。
誘惑に負けてというより、こちらから誘惑に乗っている。
食べ終わると、皿には脂がべっとりついている。

2010/1/13

|

« パッカパオキムチ | トップページ | ハンバーグラオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32972165

この記事へのトラックバック一覧です: 豚バラ肉のタイ風炒め:

« パッカパオキムチ | トップページ | ハンバーグラオ »