« 正月からカオパット | トップページ | タイカレー »

2010年1月 9日 (土)

寿司と潜水艦

寿司と潜水艦

寿司が米国に上陸しそこで独自な発展を遂げた。
日本では考えられないスシネタが米国にあった。
その当時、米国に行った者が米国にはこんなスシネタがあったと可笑しそう
に報告していた。そのようなおかしなスシネタが日本に逆上陸した。
アボガドやハムを使った寿司、カリフォルニア巻なんてものも日本で普通に
食べられるようになってしまった。ハムを使った寿司なんて”寿司じゃねぇー”
なんて今更言っても、もう取り返しがつかないほど人気商品になっている。

ふとしたことから旧日本海軍の食事の記事を読んでいた。そこに潜水艦で
出されるメニュウーがあった。浮上航行中の潜水艦は通常の艦船と同じよ
うな食事ができるが、潜行中の食事は特別なものになると想像できる。
潜行中の潜水艦内では火を使えば貴重な酸素を失わなうし、電熱器を使え
ば蓄電池の寿命を縮める。そこで色々な工夫がされている。
そのなかにハム鮨というのがあった。
「なんじゃこれ?!」日本海軍でもハムをスシネタにしていたのだ。
ハムを使った寿司は米国から入ってきたものだと俺は思っていた。
日本の潜水艦の中でスシネタとしてハムが使われていたのだ。

2010/1/5

|

« 正月からカオパット | トップページ | タイカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32916044

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司と潜水艦:

« 正月からカオパット | トップページ | タイカレー »