« ゲンオムガイとディルの香り | トップページ | トムカーガイ »

2010年2月12日 (金)

カノムチンの温度

P1130888pct13

カノムチンを日本の料理に例えれば駅の立ち食い蕎麦みたいな
もんかな?タイ人が大好きなB級グルメだ。
これがどんな料理か知らない人はソーメンにタイカレーをかけた
ようなものを想像すればいい。
「今日はタイ風なカノムチンを作るわ。食べるでしょ?」
ここでタイ風なんて言葉が出てくると違和感を持つ人がいるかも
しれない。東北に住むタイ人の食事はイサーン料理と言われて
タイ料理とラオス料理が混じり合っている。
純粋なタイ料理をタイ風とヌチャナートは呼ぶ。
「いらないよ」
俺は冷たく答える。カノムチンの味やにおいが嫌いなのではない。
カノムチンを食べる時の温度が嫌いなのだ。
熱い物は熱く、冷たいものは冷たくして食べると料理を美味しく食
べられる。屋台で食べるカノムチンの多くはタイカレーのようなもの
が生温かく、ソーメンのような麺が冷たい。
冷たいというかタイの常温だ。この二つを掻き混ぜた温度は中途半
端になる。だから俺はカノムチンが嫌いなのだ。
甘いとか辛いで嫌いになる料理があることは知っていたが、温度
で嫌いになる料理もあるのを知って俺も驚いた。
「これ、美味しいから食べなさいよ。」
「・・・・・」無視。
「ちょっとだけ味見してよ」
素麺を器にとり、カレーのようなものをかけて出した。
鍋から熱々のカレーのようなものをとってかけたので、今日のカノム
チンは中途半端な温度ではない。鯖を使っているが、鯖の生臭み
は香草のにおいに隠れてしまいわからない。
これなら俺は受け入れる。

2010/2/10

|

« ゲンオムガイとディルの香り | トップページ | トムカーガイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33345878

この記事へのトラックバック一覧です: カノムチンの温度:

« ゲンオムガイとディルの香り | トップページ | トムカーガイ »