« パッカパオの辛さ | トップページ | ゲンオムガイとディルの香り »

2010年2月10日 (水)

からい体験

大昔の話だ。あるカレー屋では好みの辛さの程度を数字で注文でき
た。一番辛い番号を言った。その時はもの凄く辛いと思った。
頑張ったが一皿を食いきれなかった。
俺はその時、「これは料理ではない。食い物の遊びだ」と感じたのを
覚えている。

毎日々辛いタイ料理を食っている。辛さに飛び上がっていたのに、
何時の間にやら座ったままタイ料理を食べるようになっている。
何にでも唐辛子を加えるというか、唐辛子がないと飯が食えなくなっ
ている自分に驚く。逆に言うと、唐辛子があれば何でも食えちゃう。

インド料理の辛さとタイ料理の辛さはちょっと違うが、基本的には
辛さは唐辛子からきているから似たような物とも言える。
その辛かったインド料理のカレーを今食ったなら、どう感じるだろう。
辛いとは思わないだろうな。

2010/2/10

|

« パッカパオの辛さ | トップページ | ゲンオムガイとディルの香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33318777

この記事へのトラックバック一覧です: からい体験:

« パッカパオの辛さ | トップページ | ゲンオムガイとディルの香り »