« タイ料理の用語 | トップページ | パーニンを蒸す »

2010年2月 8日 (月)

味噌汁と焼魚のにおい

タイ料理には唐辛子やニンニクその他の香草、香辛料を使うから
そのにおいがいつまでも口の中に残る。人間の感覚は自分がもって
いるにおいや普段から接しているにおいには鈍感だ。
しかし、いつもとは違うにおいや初めて出会うにおいには敏感だ。
タイ料理を知らない日本人はタイ料理を食べてきた人が傍にくる
とタイ料理のにおいを敏感に感じとり「くさい」と言う。
何時だったか忘れたがバスの中でナンプラのにおいを感じたことが
ある。見るとバスの後部座席に東南アジア系の女が乗っていた。

それと逆のことをタイ人も感じている。
日本人の食事は味噌汁に焼魚というパターンが多い。
「あたしね、電車の中で”この人、味噌汁のにおいがする””魚を食べ
てきたわね”とすぐにわかるの」
ヌチャナートはそう言って笑っていた。
日本人にはほんのかすかな味噌汁や焼魚のにおいは感じ取れな
いが外人には感じるのだ。味噌汁、焼魚のにおいにいつも接して
いるので日本人はそんなにおいに鈍感になっている。
俺が普段感じていたことをヌチャナートは証言してくれた。

2010/2/7

|

« タイ料理の用語 | トップページ | パーニンを蒸す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33294727

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌汁と焼魚のにおい:

« タイ料理の用語 | トップページ | パーニンを蒸す »