« 唐辛子ソースの使い方 | トップページ | 赤貝のサラダ »

2010年2月25日 (木)

有りあわせの物で

P1130946pct13

その辺にある有りあわせの材料を持ってきて炒めただけだ。
有りあわせの材料で適当に作った料理だが、タイ人が作るとタイの
味になる。日本人なら醤油を使う所をタイ人はナンプラを使うから味
に違いがでる。お約束なのかどうか知らないが、必ず唐辛子が入る。
俺も今では何にでも唐辛子を入れる。

例えばこんなことがあった。
欧風の鶏のトマト煮込の材料を買って来た。
ヌチャナートに「これを使って料理を作ってくれ」と頼んだが作って
くれない。しょうがないから自分で作ることにした。
味見をしたら、全く辛くない。物足りない味だ。
俺は唐辛子を加えた。こうなると欧風の味ではない。
でも俺は辛味が加わった味を好んだ。
俺は完全に唐辛子中毒になっているのだ。

炒めた料理を飯と一緒に皿に盛りつける。
これがタイらしい盛り付けなんだ。
日本人は料理を皿に盛り、ご飯は茶碗に盛る。
料理と飯は別の器に盛りつけるのが日本風の盛付だ。
同じ皿に料理も飯も盛り付けてしまうのがタイのやり方だ。
こんなタイの盛り付けは日本人には汚らしく見えるのかな?
ぶっかけ飯と品の悪い言葉を使う。
言葉は悪いけど、「ぶっかけ飯」と言われる物を食うと美味い。

ここに盛った飯は日本の米だ。日本の米は料理からでる汁と混ぜ
合わせてもすぐには汁を吸い込まない。
タイの米だと料理からでる汁をすぐに吸い込む。
米の種類が違うからだろうな。

2010/2/24

|

« 唐辛子ソースの使い方 | トップページ | 赤貝のサラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33526705

この記事へのトラックバック一覧です: 有りあわせの物で:

« 唐辛子ソースの使い方 | トップページ | 赤貝のサラダ »