« これはオムレツか? | トップページ | 米と間違える »

2010年3月17日 (水)

昔々のことだった

唐辛子を丸齧りすると口の中が火事になった。
この感覚は誰でも経験しているから、どんな感覚か理解できる。
口の中が熱く、痛いような感覚だから火事という表現がぴったりする。
火事だから水と考えて水を飲むが、本物の火事ではないので水を飲
んでも火事は消えない。

昔々、何かの本で「辛味の刺激を受けているうちに辛味に対する
耐性ができてより大きな刺
激を与えないと辛味を感じなくなる」
という内容の記事を読んだ。
その時は、ああそんなもんか程度にしか感じなかった。

ウチの料理は何を食っても辛い。毎食が辛い料理だ。
それを食い続けていたら、確かに辛味に対する耐性ができてきた。
耐性というのか辛味に不感症になっている。
タバスコソースを舌に一滴たらしたなら辛さに飛び上がっていたの
に、今はなんでもない。明太子の辛味なんて辛味に入らない。

タイの料理屋で出される辛い物なら食ってしまうかもしれない。
それはコックが何本唐辛子を入れたか見ていないから食ってしまう。
しかしヌチャナートが辛いという料理には手を出さない。
ウチでは唐辛子を加えるのを見ているので、とても無理だと食う前
に思ってしまう。

昔々読んだ記事は正しかった。
唐辛子を食い続けると、少しの刺激では何も感じなくなり、より大量
の唐辛子を求めるよう
になる。

2010/3/17

|

« これはオムレツか? | トップページ | 米と間違える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/33815417

この記事へのトラックバック一覧です: 昔々のことだった:

« これはオムレツか? | トップページ | 米と間違える »