« たまにはタイ料理のような | トップページ | ガイピンご飯 »

2010年3月31日 (水)

砂糖か塩か?

あるタイ人を思い出したことから変なことを考え始めた。
日本のホテルで和定食を食べたタイ人が心配そうに言った。
「朝食を食べた後にいつも喉が渇くのよ。」
「味噌汁を飲んだ?」
「ええ」
「それだよ。味噌汁には塩分が多いから、後で喉が渇くんだよ」
「あらそうなの?・・・・・」
日本人は体験で知っているので、食事の後にはお茶を飲んで水分
と塩分のバランスを取って
いる。そんなことを知らないタイ人はお茶
を飲まなかったのだろう。
そもそもタイ人には熱いお茶を飲むという習慣がない。
塩分 ・・・> 喉が渇く ・・・> 飢餓状態と連想が続いた。

俺は飢餓状態にある自分を想像した。その時、白い粉が二つださ
れた。一つは砂糖でもう一つは塩だ。俺は塩か砂糖のどちらかを
選ばなくてはいけない。
どっちを選ぶべきか?

飢餓状態なら甘い物が欲しいだろう。砂糖ならすぐにカロリーになる。
俺は砂糖をとるかな?それとも塩を取るだろうか?
あなたならどちらを取りますか?

考えているうちにこんな話も思い出した。

昔、兵隊に行きフィリッピンかどこか南方で飢餓状態に陥った話を
聞いた。
「塩をなめると甘いんだよ。本当に甘いと思ったよ」
俺たち子供はぽかんとしてその話を聞いていた。

こんな話を読んだ事も思い出した。インパール作戦だと思った。
食糧の補給が途絶えた。や
っと補給があると聞いた。喜んで受取り
に行くと、補給と言ってもほんの僅かな塩だけだっ
た。生き残ってい
る数人で、この僅かな塩をどうやって公平に分配するか考えた。
水に溶か
して等分に分けることになった。塩をとると急に体が軽く
なって、動きが楽になったという

塩はカロリーにはならないが、体全体の機能を円滑にさせる働きが
ある。運よく食べられる物を見つけたなら、カロリーの補給はできる
が、塩がなかったならそのカ
ロリーを利用できない。
そう考えると、砂糖の甘味に誘惑されるが、体のためには塩を得た
ほうがよいのではないか
?なんて考えていた。
俺は絶対の飢餓状態を経験していないから、これはあくまでも俺の
想像だ。そんな飢餓状態だと死ぬ前に甘い物を食いたいなんて思
うかもしれないな?

2010/3/31

|

« たまにはタイ料理のような | トップページ | ガイピンご飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/34015800

この記事へのトラックバック一覧です: 砂糖か塩か?:

« たまにはタイ料理のような | トップページ | ガイピンご飯 »